website produced by eiga.com
銀座テアトルシネマにて大ヒット上映中! 以降全国順次ロードショー
INTRODUCTION - イントロダクション
天才少年が奏でる人生の協奏曲

天才少年が奏でる人生の協奏曲 ピアノ生誕からおよそ300年を迎えた本年、スイスからピアノをテーマにした新たな傑作が日本へとやってきました。『僕のピアノコンチェルト』は、まるでモーツァルトのようにピアノを弾き、アインシュタインのように数学の才能を持って生まれてきた少年、ヴィトスの物語です。多くの才能をもって生まれたヴィトスは、両親の期待に沿って生きるべきなのか、それとも自分自身から湧き上がる気持ちに身をゆだねるべきなのか悩みます。周囲のプレッシャーと葛藤するなかで、自分の中にあるさまざまな愛を確認し、自分の進むべき道を見つけていく……。人生を模索する天才少年の姿を描き出した感動作です。

 アルプスの山間に暮らす閉鎖的な家族の姿を描いた『山の焚火』、子どもの集団失踪の謎を追う『最後通告』などで国際的に高い評価を集める巨匠フレディ・M・ムーラー監督は、子どものころに感じていた、“ピアノ”と“天才”への憧れと、音楽が持つ力に対する畏敬の念を込めて脚本を書き上げています。

 天才ゆえの苦悩と孤独。自分探しの葛藤。この普遍的なテーマを縦軸に、家族の絆と音楽への愛をからめ、時にユーモアをきかせながら、極上のハーモニーを生み出すことに成功しています。本作は2006年度の第一回ローマ国際映画祭、AFI FESTの観客賞を受賞し、アカデミー賞外国語映画賞スイス代表作品にも選ばれています。ヴィトスが自分自身を取り戻そうと奮闘する、この小さな冒険物語は、世界中の観客を魅了し続けているのです。

監督が見出した新たな才能

監督が見出した新たな才能 12歳のヴィトスを演じるのは、これが映画初出演となる、テオ・ゲオルギュー。監督が半年もの時間をかけて探し出したのは、ロンドン郊外にある名門音楽学校、パーセル・スクールで学ぶ若きピアニストでした。ドイツで行われた「若いピアニストのためのフランツ・リスト・コンクール」の10歳~13歳部門で優勝した経験を持つテオは、ピアノの練習のため、毎日4時間の時間を確保するということを条件に映画に出演しています。演奏の傍ら、演技の才能を開花させていったテオは、まさに天才少年と呼ぶのにふさわしい逸材でしょう。

 ヴィトスが心のよりどころとする、風変わりなおじいちゃん役には『ヒトラー ~最期の12日間~』『ベルリン・天使の詩』で知られるスイス出身の名優ブルーノ・ガンツ。監督が自身の父親の姿を重ね合わせたという、ユーモアで魅力あふれるおじいちゃんを見事に演じ、この映画に更なる深みを与えています。

ヴィトスの名に込められた思い

ヴィトスの名に込められた思い なんども改稿を繰り返したという脚本のなかで、唯一変わらなかったのが、ヴィトスという少年の名です。ラテン語でヴァイタリティーの語源となる“VITA”と同じ意味を持つ“VITUS”はスイスでも珍しい名前です。

 その起源はローマ帝政時代にまでさかのぼります。かつてシチリアで生まれたとされる聖人ヴィトスは、数々の奇跡を起こしながらも迫害され、皇帝の命によって殺害されてしまいました。処刑時、彼はまだ少年だったと言われています。そして現在、聖ヴィトスは俳優、コメディアン、ダンサーの守護神とされ、人々に親しまれています。

 長期間に及んだ脚本執筆の過程を通し、この名前は監督の中で“サバイバル”の暗喩となり、“芸術家”の同義語と変化していきました。奇跡的な才能を持つ少年が、芸術家として力強く生きていく……。まさにこの映画の主人公にぴったりの名前なのです。

映画を彩る魅力的な楽曲の数々

映画を彩る魅力的な楽曲の数々 シューマンをはじめ、バッハ、リスト、ラベル、モーツァルト……。

 『僕のピアノコンチェルト』には、さまざまなクラシックの名曲が登場します。テオはもちろんのこと、6歳のヴィトスを演じたファブリツィオ・ボルサニも実際に劇中でピアノ演奏を披露しています。ピアノを愛する監督ならではのこだわりと言えるでしょう。

『僕のピアノコンチェルト』劇中使用楽曲リスト

監督:フレディ・M・ムーラー 『山の焚火』 
出演:テオ・ゲオルギュー 第一回フランツ・リストコンクール優勝 ブルーノ・ガンツ 『ヒトラー~最期の12日間~』
2006年|スイス映画|35mm|カラー|ヴィスタ|ドルビーSRD|121分
©Vitusfilm 2006
提供:東京テアトルポニーキャニオン 配給:東京テアトル
特別協力:ヤマハ株式会社
協力:スイス インターナショナル エアラインズ 
後援:スイス大使館
サウンドトラック:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル