H・フォードがR・ゴズリングに銃を向ける!「ブレードランナー」続編予告編 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年12月20日 > H・フォードがR・ゴズリングに銃を向ける!「ブレードランナー」続編予告編
メニュー

H・フォードがR・ゴズリングに銃を向ける!「ブレードランナー」続編予告編

2016年12月20日 17:00

2049年の世界を描く「ブレードランナー 2049」

2049年の世界を描く
[拡大画像]

[映画.com ニュース]大ヒットSF映画の続編「ブレードランナー 2049」の予告編が完成した。前作に続きリック・デッカードに扮するハリソン・フォードが、新たな主人公を演じるライアン・ゴズリングに銃を向ける、緊迫したシーンが収められている。

1982年に製作された前作は、SF作家フィリップ・K・ディックの「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」を映画化したもの。2019年のロサンゼルスを舞台に、人造人間レプリカント専門の捜査官“ブレードランナー”のデッカードによる追跡劇を描いた。続編は、その30年後である2049年を舞台に、新人捜査官(ゴズリング)を主人公に展開する。「プリズナーズ」「ボーダーライン」のドゥニ・ビルヌーブ監督がメガホンをとり、前作の監督であるリドリー・スコットが製作総指揮を務めた。

このほど公開された予告編は、前作でデッカードが発した「レプリカントは単なるマシンだ。脅威にもなるが無抵抗なら問題ない」というセリフから始まる。荒廃した地に建つ屋敷に入ったゴズリングの後ろからフォードが現れ、「俺はかつて有能だった」と言いながら銃を向ける。2人の関係性などの詳細は明らかにされておらず、今後が気になる仕上がりとなっている。

ブレードランナー 2049」は、2017年11月全国で公開。

(映画.com速報)
ブレードランナー ファイナル・カット 製作25周年記念エディション[Blu-ray/ブルーレイ] ブレードランナー ファイナル・カット 製作25周年記念エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 2019年のロサンゼルスを舞台に、人間を殺したために解体処分が下された“レプリカント”と、それを追うレプリカント専門の賞金稼ぎ“ブレードランナー”を描くSF映画の金字塔的作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi