瀬戸康史の“ヌクメン”パワーで現場ほっこり 三吉彩花「温かく包んでくださった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年12月20日 > 瀬戸康史の“ヌクメン”パワーで現場ほっこり 三吉彩花「温かく包んでくださった」
メニュー

瀬戸康史の“ヌクメン”パワーで現場ほっこり 三吉彩花「温かく包んでくださった」

2016年12月20日 17:00

武士が“食”で人々の悩みを解決する時代劇

武士が“食”で人々の悩みを解決する時代劇
[拡大画像]

[映画.com ニュース]瀬戸康史主演の人情時代劇「幕末グルメ ブシメシ!」の試写会が12月20日、東京・渋谷のNHKで行われ、瀬戸をはじめ、共演の田中圭三吉彩花草刈正雄が会見に臨んだ。

本作は、マイペースで気の弱い勤番武士・酒田伴四郎(瀬戸)が、愛する妻・すず(三吉)に渡された料理の指南書をもとに、“食”で人々の悩みを解決していく。撮影は栃木・日光で行っており、出演者は「マイナス3度のなかで料理を作っております」(瀬戸)、「カイロを8枚貼っている」(田中)と寒さの厳しい現場であることを明かす。

世の女性の心を優しく包み込む“温もり系男子(通称ヌクメン)”と称される瀬戸。現場でも、その人柄で共演陣を癒していたという。三吉は、「以前、別のドラマでご一緒した時に、一つも嫌なところがなかった。何かあるだろうと思って、瀬戸さんの抜けているところや、悪いところを探した」と述懐し、「今回も現場で探していたのですが、まったくなくて。この人何者なんだというくらい。優しく温かく現場を包んでくださっているので、毎日楽しくやっています」と瀬戸の人柄を明かした。

さらに田中も、「以前共演させていただいた時もそうだったのですが、瀬戸くんが嫌な顔ひとつせず現場にいるので、こっちも嫌な顔ができない(笑)」と告白した。共演陣からの褒め言葉の嵐に、瀬戸は「嘘でしょ」と照れ笑いを浮かべていた。

また本作には、リオデジャネイロ五輪メダリストの吉田沙保里選手も出演している。共演した感想を問われた瀬戸は、「お会いしたのは初めてだったのですが、とても乙女だなと思いました。僕が目を合わせると、視線をそらす仕草がすごく乙女。試合中の力強い眼差(まなざ)ししか見たいことがないじゃないですか。だから、プライベートでお話してみると、かなりキュートでした」とニッコリ。さらに「お芝居もお上手でしたね。力強くて」と絶賛し、「着物ビリっていってましたからね(笑)」と撮影時のエピソードを明かした。

「幕末グルメ ブシメシ!」は、NHK BSプレミアムで2017年1月10日午後11時15分放送開始。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi