舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」2018年春ブロードウェイへ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年12月5日 > 舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」2018年春ブロードウェイへ
メニュー

舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」2018年春ブロードウェイへ

2016年12月5日 12:00

現在は英ロンドン・ウェストエンドで絶賛上映中

現在は英ロンドン・ウェストエンドで絶賛上映中
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 大ヒットファンタジー「ハリー・ポッター」シリーズのその後を描いた舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」が、2018年春にブロードウェイ進出を果たすようだ。

シリーズ原作者J・K・ローリング氏公認の「ポッターモア」が12月1日(現地時間)、交渉が最終段階にあることを公表。劇場は、ブロードウェイ最大級のミュージカル劇場リリック・シアターだという。ハリー役のジェイミー・パーカーらキャストの去就については明らかになっていない。

同作は、ローリング氏がジョン・ティファニー&ジャック・ソーンとともに書き下ろしたオリジナルストーリー。原作シリーズ第7巻「ハリー・ポッターと死の秘宝」での戦いから19年後が舞台に、3児の父親となったハリーが2人目の子どもホグワーツ魔法学校へと送り出したその後の物語が2部構成で描かれる。今年7月、英ロンドン・ウェストエンドのパレス・シアターで開幕し、英各紙で軒並み高評価を得た。パレス・シアター公演は現在、2017年12月中旬までチケット販売されている。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi