【全米映画ランキング】「死霊館 エンフィールド事件」がV 「ウォークラフト」は2位デビュー : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年6月15日 > 【全米映画ランキング】「死霊館 エンフィールド事件」がV 「ウォークラフト」は2位デビュー
メニュー

【全米映画ランキング】「死霊館 エンフィールド事件」がV 「ウォークラフト」は2位デビュー

2016年6月15日 19:30

首位デビューを飾った「死霊館」続編「死霊館」

首位デビューを飾った「死霊館」続編
(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 3本の新作が上位を独占した先週末の全米ボックスオフィス。約4000万ドルのオープニング興収で首位デビューを果たしたのは、2013年にスマッシュヒットしたジェームズ・ワン監督のホラー「死霊館」の続編「死霊館 エンフィールド事件」だった。

アメリカでは有名な超常現象研究家エド&ロレイン・ウォーレン夫妻の事件録の一つを再び映画化した同作。第1作では1971年のハリスビルでの事件を描いたが、第2作では悪霊に取り憑かれたシングルマザー一家を助けるため、北ロンドン・エンフィールドに赴いた際のエピソードが描かれる。前作同様、批評家と観客の双方から広く支持され、早くも第3弾製作の話も出ている。主演は前作に引き続きベラ・ファーミガパトリック・ウィルソン。共演にサイモン・マクバーニーフランカ・ポテンテ

約2440万ドルのOP興収で2位デビューとなったのは、「月に囚われた男」「ミッション: 8ミニッツ」のダンカン・ジョーンズ監督が人気ファンタジーゲームを映画化した超大作「ウォークラフト」。約1億6000万ドル超の巨費を投じた割に北米でのOP興収は寂しい数字となったが、北米以外では先行公開され大ヒットを記録。特に中国では1億5000万ドル強を稼ぎ出しており、全世界興収は3億ドル超に。興行的にはひとまず成功といえるが、批評家からは厳しいレビューが多く集まっている。出演はトラビス・フィメルポーラ・パットンベン・フォスタードミニク・クーパートビー・ケベルなど。

2位と僅差で3位デビューとなったのが2013年に公開された「グランド・イリュージョン」の続編「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」。華麗なマジックで汚れた金を盗むイリュージョニスト集団「フォー・ホースメン」の活躍を描く物語の第2弾。今回はイリュージョンのトリックを見破ろうとする天才エンジニアが「フォー・ホースメン」の前に立ちはだかる。前作同様、ジェシー・アイゼンバーグウッディ・ハレルソンマーク・ラファロマイケル・ケインモーガン・フリーマンら豪華キャストが揃ったが、レビュー、興行ともにパッとしないスタートとなってしまった。敵役の天才エンジニアには「ハリー・ポッター」のダニエル・ラドクリフ。メガホンをとったのは「G.I.ジョー バック2リベンジ」のジョン・M・チュウ

今週末は、ディズニー/ピクサーの大ヒットアニメ「ファインディング・ニモ」(2003)の続編「ファインディング・ドリー」に、ドウェイン・ジョンソンケビン・ハート共演によるアクション・コメディ「Central Intelligence」が公開となる。

死霊館[Blu-ray/ブルーレイ] 死霊館[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,190 『ソウ』のジェームズ・ワン監督作、実話に基づき人間の耐え得る限界を超えた凶暴な恐怖を描く衝撃作。
グランド・イリュージョン[Blu-ray/ブルーレイ] グランド・イリュージョン[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 ジェシー・アイゼンバーグ、マーク・ラファロ、ウッディ・ハレルソン、メラニー・ロラン、マイケル・ケイン、モーガン・フリーマンら豪華キャスト共演で、大金を盗み出した4人のマジシャンとFBI捜査官らの攻防を描くクライムエンタテインメント。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi