“第2のディーン”大谷亮平、憑依したい人は「やっぱり福山雅治さん」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年6月3日 > “第2のディーン”大谷亮平、憑依したい人は「やっぱり福山雅治さん」
メニュー

“第2のディーン”大谷亮平、憑依したい人は「やっぱり福山雅治さん」

2016年6月3日 13:00

日本での活動に意欲満々の大谷亮平「ラヴソング」

日本での活動に意欲満々の大谷亮平
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2015年に韓国で放送され、全エピソードが放送時間帯の視聴率1位を獲得したドラマ「ああ、私の幽霊さま」のDVD発売記念イベントが6月3日、都内で行われ、韓国で活躍中の日本人俳優・大谷亮平が出席した。

大谷は03年にCM出演をきっかけに韓国で俳優デビューし、映画「神弓 KAMIYUMI」「バトル・オーシャン 海上決戦」など多数の作品に出演。現在は日本デビュー作となった月9ドラマ「ラヴソング」に出演中の逆輸入俳優だ。その経歴から「第2のディーン・フジオカ」と言われていることを指摘されると、「境遇が似ているので、言ってもらえて光栄です」と照れ笑いを浮かべる。さらに「韓国にいる時からディーンさんの存在は聞いていた」と明かし、「台湾で活動されている方が日本でも始められたと聞いて、面白いケースだなと。外でいろいろ学んだり見てきたことが、日本の芸能界に入っていくというのは興味深い。当人は大変だったと思うけれど。僕も国は違えど韓国で育ててもらって、日本でも始めるので、大変だったことなどを聞けるチャンスがあればと思う」と語った。


画像2

[拡大画像]

本作は、「建築学概論」のチョ・ジョンソクと、「過速スキャンダル」「私のオオカミ少年」のパク・ボヨン共演のラブコメディ。ツンデレな性格のカリスマシェフに片思い中の内気な女性が、男好きでセクシーな幽霊に取り憑かれ、大胆な女性に変身してしまう姿を描く。

ストーリーとかけて「憑依(ひょうい)したい人は?」と問われると、「『この人すごいな』と最近すごく思うことがありまして。『ラヴソング』の方なんですけど、やっぱり福山雅治さん」とニッコリ。「共演者みんなでお酒を飲む機会があったんですけど、その時にギターの生演奏をしてくださった。僕が歌って、福山さんが弾いてくださって。やっぱりかっこいいですね。福山さんに憑依して、1日だけでもああいうことができたらな」と憧れを明かした。

今後の展望を問われると、「『ラヴソング』でいいスタートがきれたので、日本でがっつりやっていきたい」と表情を引き締める。そのうえで、「韓国ではクールでワイルドな役が多かったが、そのキャラクターも見せながら、考えつかないような役をやりたい」と意欲をみなぎらせた。

建築学概論[Blu-ray/ブルーレイ] 建築学概論[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,802 過去と現在をダブルキャストで贈る、恋愛映画。初恋の甘さと切なさが胸に沁みる、美しく繊細なラブストーリー。
私のオオカミ少年[Blu-ray/ブルーレイ] 私のオオカミ少年[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,959 病のため心を閉ざした少女が、少年との出会いによって変わっていく様子を心情豊かに描く、“胸キュン”ファンタジーラブロマンス。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi