イ・ホンギ、ツンデレ御曹司役との共通点はナシ?キスシーンも「緊張しなかった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年8月1日 > イ・ホンギ、ツンデレ御曹司役との共通点はナシ?キスシーンも「緊張しなかった」
メニュー

イ・ホンギ、ツンデレ御曹司役との共通点はナシ?キスシーンも「緊張しなかった」

2014年8月1日 18:30

来日したイ・ホンギとソンヒョク

来日したイ・ホンギとソンヒョク
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 韓国ドラマ「百年の花嫁」の日本放送及びブルーレイ&DVDリリースを記念し8月1日、主演のイ・ホンギ、ヒロインの兄を演じたソンヒョクが来日し、東京・赤坂のTBS放送センターで記者会見を行った。

ドラマ「美男<イケメン>ですね」で大ブレイクしたイ・ホンギが、連続ドラマ初主演を務めたロマンティックラブコメディ。大財閥の御曹司ガンジュ(イ・ホンギ)と、行方不明になったガンジュの婚約者に酷似する漁村の娘ドゥリム(ヤン・ジンソン)の恋模様をコミカルに描く。

恋愛ベタでごう慢な青年を演じたイ・ホンギは、自身との共通点は「ないですね!」とキッパリ。「僕は金持ちでもないし、冷たくもないし、恋愛もたくさんしたし(笑)。あまりにも似ているところがないのでキャラクターを作るのが大変だった」とゼロから役作り。多数のキスシーンには、「緊張しなかった。本番のスリルを味わうのが好き!」と余裕の表情を浮かべていた。

一方のソンヒョクは、「僕が演じたのは一途の愛を貫く“あしながおじさん”のような役。僕自身、胸の内は表に出さないタイプなので似ているかも。そう考えると、僕って本当につまらない人間だな(笑)」と自虐ギャグで笑いを誘っていた。

ムードメーカーの監督のおかげで現場はいつも和気あいあいだったといい、イ・ホンギは「ふだんは僕が盛り上げ役だけど、監督はもっとハイテンションなのでたくさん力をもらった。僕もスケベだけど、監督はもっとスケベ。ちょっと変態です(笑)」と暴露。また、イ・ホンギが事故にあったことで撮影が2カ月ほど延期してしまったそうで、「僕のせいで撮影が進まなかったので申し訳なかった」と謝罪した。

「百年の花嫁」は本日よりTBS深夜枠で放送開始。ブルーレイ&DVDは、8月6日からリリース開始。

百年の花嫁 韓国未放送シーン追加特別版 DVD-BOX1[DVD] 百年の花嫁 韓国未放送シーン追加特別版 DVD-BOX1[DVD] 最安価格: ¥16,680 「美男<イケメン>ですね」のイ・ホンギ(FTISLAND)待望の連ドラ初主演作! 最高のロマンティック・ラブコメディがここに誕生! !

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi