玉木宏演じる「探偵ミタライの事件簿」は原作者お墨付き!「上質なミステリーを楽しんで」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年6月3日 > 玉木宏演じる「探偵ミタライの事件簿」は原作者お墨付き!「上質なミステリーを楽しんで」
メニュー

玉木宏演じる「探偵ミタライの事件簿」は原作者お墨付き!「上質なミステリーを楽しんで」

2016年6月3日 13:00

役作りに際しては原作者を参考にしたという「探偵ミタライの事件簿 星籠(せいろ)の海」

役作りに際しては原作者を参考にしたという
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気ミステリー作家の島田荘司氏による「天才探偵・御手洗潔シリーズ」が、「探偵ミタライの事件簿 星籠(せいろ)の海」として初めて映画化された。謎をこよなく愛する天才脳科学者・御手洗潔を演じるのは、NHK連続テレビ小説「あさが来た」の白岡新次郎役でさらなる人気を獲得した玉木宏。累計発行部数550万部超、35年もの歴史を誇るシリーズの主人公に、どう向き合ったのか。映画.comが話を聞いた。

玉木が御手洗を演じるのは、2015年3月にフジテレビ系で放送されたドラマ「天才探偵ミタライ 難解事件ファイル『傘を折る女』」に続き2度目。映画化の企画自体はドラマの制作前から動いており、NHK大河ドラマ「篤姫」で玉木の演技を見た島田氏たっての希望でオファーが実現したという。玉木に出会うまで島田氏は長年にわたって映像化を拒み続けてきたというから、まさに“原作者お墨付き”だといえる。

劇中でも、超然とした雰囲気を放ち、常人を寄せ付けぬ知識量と推理力で事件をたちどころに解決する名探偵になりきっているが、役作りのヒントは意外なところにあったという。「島田先生と初めてお会いしたときに、先生のたたずまいが、自分が原作を読んでイメージしていた御手洗像にピッタリだったんです。だから勝手に参考にさせていただいて役を作っていきました」。

御手洗を「異質な人」と語る玉木はさらに「話すときに目が若干泳いだり、身振り手振りがあったり、それは考えながら話している証拠だと思うんです。御手洗は、会話の中で瞬時に返す言葉すべてを用意して、すらすらと述べることができる人。演じるにあたっては、一瞬の迷いを消したり、手の表情を使わないようにしようと(決めました)。そういう制約を増やすことで御手洗らしさが生まれるんじゃないか」と演技プランを明かした。同時に「注意して演じなければ、すごく薄っぺらい者になるのでは?」という危機感を常に持つことで、「異物感」と「人間らしさ」を併せ持つキャラクターを絶妙なバランスで成立させている。

良質なミステリーには、魅力的なキャラクターだけでなく、見る者をひきつける事件が必要不可欠だ。島田氏の故郷でもある広島県福山市を舞台にした本作では、半年の間に6体もの死体が流れ着く島「死体島」、アパートで外国人女性が謎の死を遂げた「外国人女性変死体事件」、口と目を縫い合わされた夫婦が滝つぼに拘束され、夫婦の赤子が殺害される「居比家誘拐殺人事件」といった3つの難事件が描かれる。さらに、織田信長の鉄甲船や、瀬戸内海を拠点としていた村上水軍も関わる歴史ミステリーの要素も絡むなど、スケール感あふれる展開が用意されている。すべての事件を御手洗が1本の線で結んでいくクライマックスでは、探偵ものならではの快感を覚えることができる。

「謎解きものはやっぱり日本でも海外でも好きな方が多いと思います。(映画には)福山市の魅力もたくさん詰まっていますし、プラスして日本の歴史にも絡む伏線がある。それを御手洗という人間に翻ろうされながら、ゴール地点がどこなのかしっかり見届けていただければと思います。上質なミステリーを劇場の大きなスクリーンで(楽しんでください)」。

探偵ミタライの事件簿 星籠(せいろ)の海」は、「相棒」シリーズの和泉聖治監督がメガホン。広瀬アリス石田ひかり、要潤、谷村美月小倉久寛吉田栄作らが脇を固める。6月4日から全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi