玉木宏、天才探偵・御手洗潔を演じ「難しさを痛感しています」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年5月11日 > 玉木宏、天才探偵・御手洗潔を演じ「難しさを痛感しています」
メニュー

玉木宏、天才探偵・御手洗潔を演じ「難しさを痛感しています」

2015年5月11日 14:00

玉木宏、広瀬アリス、要潤ら出演陣が意気込み明かす

玉木宏、広瀬アリス、要潤ら出演陣が意気込み明かす
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 本格ミステリー作家・島田荘司氏の人気小説を初映画化する「星籠の海 探偵ミタライの事件簿」の会見が5月8日、撮影現場である広島・福山市の広島県立歴史博物館で行われ、主演の玉木宏広瀬アリス石田ひかり要潤吉田栄作和泉聖治監督、原作者の島田氏、羽田皓福山市長が出席した。

新本格ミステリー小説の草分けである「天才探偵・御手洗潔シリーズ」の最新作「星籠(せいろ)の海」を映画化するもので、島田氏の故郷である福山市が舞台。主人公・御手洗は、島田氏が「レベルを越えた天才ぶり」と評す人物なだけに、玉木は「演じることの難しさを痛感しています」と吐露。それでも、「彼がいいのは、本当に迷いがないという人物なので、セリフをしっかり頭にいれて演じているところです」と語り、「撮影が始まって2週間くらいたちますが、原作『星籠の海』で描かれている福山の魅力を身に染みて感じながら、日々撮影をさせていただいています」と明かしている。

映画オリジナルのヒロイン・小川みゆき役に抜てきされた広瀬は、「まだまだ未熟者の自分が、こんな素敵な作品に参加させて頂くということがとても大きなことで、日々緊張しながら毎日撮影しています」とプレッシャーを感じながらも、「この作品は福山市のみなさんに支えてもらわないと撮影できなかったので、福山の皆様に本当に感謝しております」と謝意。また小坂井准一役の要は、「(同市)鞆の浦の海を愛するキャラクターとなっています」と説明し、「海のエネルギーをうけながら福山で生まれ、福山で育った人間を演じていきたいと思っています」と意気込んだ。

市制100周年を記念し、同市の全面バックアップのもと撮影が続いており、島田氏は「こういう節目に、そんな福山を舞台にした御手洗潔の映画を作りましょうよということを、(羽田)福山市長と話していたところが、この作品が出来る発端です」と経緯を明かす。そして、「私も脚本作りに関わり、ようやくここまで来たという思いです」と万感の思いを話している。

「星籠の海 探偵ミタライの事件簿」は、2016年公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi