エミリー・ブラント演じる“氷の女王”が強すぎ!「スノーホワイト」続編、独占映像公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年5月17日 > エミリー・ブラント演じる“氷の女王”が強すぎ!「スノーホワイト」続編、独占映像公開
メニュー

エミリー・ブラント演じる“氷の女王”が強すぎ!「スノーホワイト」続編、独占映像公開

2016年5月17日 12:00

巨大なユキヒョウに乗って登場「スノーホワイト」

巨大なユキヒョウに乗って登場
(C) Universal Pictures
[拡大画像]

[映画.com ニュース]クリス・ヘムズワースシャーリーズ・セロンらが共演したアクション・アドベンチャー「スノーホワイト」(2012)の続編「スノーホワイト 氷の王国」の本編映像を、映画.comが独占入手した。エミリー・ブラントが演じる新キャラクター・フレイヤの登場シーンを切り取っている。

前作でスノーホワイト(クリステン・スチュワート)とハンターのエリック(ヘムズワース)に倒された邪悪な女王ラヴェンナ(セロン)の過去と、ラヴェンナが滅ぼされた後にぼっ発する、氷結能力を持つラヴェンナの妹フレイヤや、エリックの恋人だった女戦士サラ(ジェシカ・チャステイン)を巻き込んだ“魔法の鏡”をめぐる闘争を描く。

公開されたのは、かつてフレイヤの下で鍛錬に励むも、ある事件からたもとをわかったエリックが、軍隊を従えたフレイヤと久々に再会を果たすシーン。銀色にきらめく戦闘服に身を包み、巨大なユキヒョウの背に乗って登場したフレイヤは「エリック、私のエリック」といとおしそうに語りかける反面、エリックの仲間であるドワーフが暴言を吐くと問答無用で氷付けにし、冷酷無比な素顔を見せる。「オール・ユー・ニード・イズ・キル」(14)や「ボーダーライン」(15)などでタフで男勝りなキャラクターを演じてきたブラントが、気品をたたえた演技で新たな魅力を放っている。映像は、仲間を手にかけられて怒り狂ったエリックがフレイヤに切りかかるも、腕一本で止められてしまうというシーンで幕を閉じ、その後の展開に期待が膨らむものとなっている。

スノーホワイト 氷の王国」は、5月27日から全国公開。

スノーホワイト[Blu-ray/ブルーレイ] スノーホワイト[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,373 グリム童話誕生200周年。『白雪姫』は“戦士”となり、新たなる伝説がここから始まる!子供から大人まで愛され続けてきた名作グリム童話の「白雪姫」を基に、これまでの白雪姫のイメージを一新させた、破格かつ壮大なスケールのアクション・ファンタジー!
オール・ユー・ニード・イズ・キル[Blu-ray/ブルーレイ] オール・ユー・ニード・イズ・キル[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥962 トム・クルーズ主演、日本発の小説をハリウッドで実写映画化したアクション大作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi