神木隆之介&門脇麦、「太陽」公開に万感「誰も見たことがないような映画」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年4月23日 > 神木隆之介&門脇麦、「太陽」公開に万感「誰も見たことがないような映画」
メニュー

神木隆之介&門脇麦、「太陽」公開に万感「誰も見たことがないような映画」

2016年4月23日 13:11

神木隆之介と門脇麦がダブル主演「太陽」

神木隆之介と門脇麦がダブル主演
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 神木隆之介門脇麦がダブル主演を果たした映画「太陽」が4月23日、全国8スクリーンで公開初日を迎え、神木と門脇をはじめ共演の古館寛治、共同脚本も手がけた原作者・前川知大、メガホンをとった入江悠監督が東京・角川シネマ新宿での舞台挨拶に出席した。

撮影現場は命の危険を感じるほど過酷な寒さだったそうで、神木は「一昨年の冬に撮影しまして、そこからやっと今日を迎えられました。長い月日が経ったとすごく感じています」と万感の思いを口にする。そして、「出来上がった作品を見た時に、まだ全部のことを理解できないと思ったんです。5年後、10年後に全然違う状況でこの映画を見た時に、今の年とは違うことを感じるんだろうなと思った」と述べ、「みなさんの心のなかで育てていくような、素敵な作品です」と観客に語りかけた。

一方の門脇は、「誰も見たことがないような映画だと思います」と胸を張り、「新しいものを作ろうという静かな熱気が常に漂っていました。大変でしたけど、とても幸せな時間でした」とニッコリ。古舘は「僕はちょこっと出てきていなくなるみたいなピンポイント俳優ですが、今回は割とたくさん出ていまして、しかもいい男の役」とアピールし、「だいたいなんちゃっての、面白い役が多いもんですから、入江監督の目には違う古舘寛治が映っているのかと、この話を頂いてめちゃ嬉しかった」と大喜びだった。

過酷な現場だからこそ絆も深まったようで、撮影後には神木が古舘を自宅に招いて将棋を指したという。しかし古舘は「こっそりマスクして神木くん家に行って、こっそり帰ってきた。2人だけの秘密にしようと思っていたのに」と“将棋デート”について言葉を濁し、神木は「一緒に唐揚げとかポテトとか、がっつり買ったじゃないですか!」と悲鳴を上げる。意に介さない古舘は「将棋ものの作品(『3月のライオン』)の練習に、いいカモを見つけたみたいです」とつれない態度を続け、これには神木も「現場でもずっと一緒にお弁当食べていたじゃないですか! 結構ずっと古舘さんといましたし、仲良くさせてもらっていますよ」と釈明していた。

映画は、前川が主宰する「劇団イキウメ」の人気舞台を、「SR サイタマノラッパー」「日々ロック」の入江監督が実写化。ウイルスで人類の大半が命を落とし、日光下で生きられなくなった新人類と旧人類に分かれた世界を舞台に、生きる道を探して葛藤する若者たちの姿を描いた。

日々ロック[Blu-ray/ブルーレイ] 日々ロック[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,757 榎屋克優の同名コミックを、「SR サイタマノラッパー」の入江悠監督が映画化した青春ロックムービー。
SR サイタマノラッパー[DVD] SR サイタマノラッパー[DVD] 最安価格: ¥3,140 北関東のど真ん中、レコード屋もライブハウスもないサイタマ県の片田舎で、不器用ながらもラッパーを目指す青年たちを描く青春ドラマ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社アニープラネット

あなたの笑顔の先に映画のヒットがあります! 明るくて誠実なあなたを待っています!

職種映画パブリシスト
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi