来日中のレイチェル・マクアダムス、被災地にエール「復興を祈っています」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年4月16日 > 来日中のレイチェル・マクアダムス、被災地にエール「復興を祈っています」
メニュー

来日中のレイチェル・マクアダムス、被災地にエール「復興を祈っています」

2016年4月16日 16:57

初来日を果たしたレイチェル・マクアダムス「スポットライト 世紀のスクープ」

初来日を果たしたレイチェル・マクアダムス
[拡大画像]

[映画.com ニュース]第88回アカデミー賞で作品賞と脚本賞をダブル受賞した「スポットライト 世紀のスクープ」のレイチェル・マクアダムスが初来日を果たし4月16日、東京・有楽町のTOHOシネマズ日劇で舞台挨拶を行った。冒頭には、熊本を中心に発生した地震について「とても胸を痛めている」と語り、「被害に遭われた皆さんの復興を祈っています」とエールをおくった。

米ボストン・グローブ紙の特集記事欄“スポットライト”を担当する敏腕記者チームが粘り強い取材を続け、カトリック教会が隠ぺいした神父による児童虐待を暴き出した実話を映画化。「きみに読む物語」(2004)、「アバウト・タイム 愛おしい時間について」(13)などに出演し“ラブロマンスの新クイーン”の呼び声高いマクアダムスが本作では、チーム最年少の女性記者を硬派に熱演し、アカデミー賞助演女優賞にノミネートされた。

アカデミー賞授賞式について「忘れられない一夜になった」と振り返り、「決して派手な作品ではないので、作品賞の受賞は喜びと同時に、驚きだった。こうした重要なテーマを扱う作品が、支持された事実は、女優である私にとっても大きな励みになりました」と感無量の面持ちだった。

舞台挨拶には、著書「人生がときめく片づけの魔法」が国内外で注目を集める片付けコンサルタントの近藤麻理恵が出席。全米でもベストセラーとなった同著の愛読者だというマクアダムスは、近藤の登壇に思わず「本物なのね!」と感激し、「あなたの本は、私を含めた多くの人々を幸せにしたわ」と感謝を伝えた。近藤も「レイチェルさんが私の本を読んでくださったと知り、とてもうれしいです」と初対面に感激しきり。「妹と一緒に、近藤さんの片づけ方を実践しているの。シャツは片付いたから、今度はソックスの山に手を付けないと。約束するわ」(マクアダムス)、「ぜひ頑張ってください」(近藤)とすっかり意気投合していた。

スポットライト 世紀のスクープ」は全国公開中。

アバウト・タイム~愛おしい時間について~[Blu-ray/ブルーレイ] アバウト・タイム~愛おしい時間について~[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,373 「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティス監督が、タイムトラベルを繰り返す青年が本当の愛や幸せとは何かに気づく姿を描いたロマンティックコメディ。
きみに読む物語 スペシャル・プライス[Blu-ray/ブルーレイ] きみに読む物語 スペシャル・プライス[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 2005年“きみ読む”現象を巻き起こしたヒット感動作。愛する彼女のために一人の男の力によって病を克服する“奇跡の愛”の物語!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi