300本を手がけた4DX専門家が解説!日本初4DX専用映画「ボクソール★ライドショー」とは : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年1月15日 > 300本を手がけた4DX専門家が解説!日本初4DX専用映画「ボクソール★ライドショー」とは
メニュー

300本を手がけた4DX専門家が解説!日本初4DX専用映画「ボクソール★ライドショー」とは

2016年1月15日 07:30

(上)数々の作品を4DX化したチェ・ヨンスン氏 (下)「ボクソール★ライドショー」より「ボクソール★ライドショー 恐怖の廃校脱出!」

(上)数々の作品を4DX化したチェ・ヨンスン氏
(下)「ボクソール★ライドショー」より
(C)2016vauxhallrideshow
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 体感型上映システム「4DX」を開発したCJ 4DPLEX社のクリエイター、チェ・ヨンスン氏が、日本初の4DX専用の短編アクションホラー「ボクソール★ライドショー 恐怖の廃校脱出!」の裏話を語った。

チェ氏は、既存の映画を4DX形式に変換する「CJ 4DPLEX 4DX i-Studio」で品質管理および最終演出の方向性を決定するクリエイティブディレクターを務め、年に約75本の長編映画の4DX化に関わる人物。CMや予告編なども含めると、直近2年間で約300本を手がけたという。昨年だけに絞っても「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」「マッドマックス 怒りのデス・ロード」「スター・ウォーズ フォースの覚醒」と超大作を次々と4DX化し、日本映画では「ドラゴンボールZ 復活の『F』」「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」「劇場霊」などに携わった。

4DXの全てを知るチェ氏だが、その魅力は「映画の中に入って体感できる」点にあるという。そんなチェ氏にとって、POV(主観映像)形式の「ボクソール★ライドショー」は思い出深い作品になったそうだ。「一般的なホラー映画とは異なる独特の企画だったので、スタッフの中でも話題になりました。そういったユニークな部分で大きな魅力を感じ、『もっと頑張る!』という意志をスタッフたちに与えた作品だと思います。特にPOVスタイルの映像を4DXで感じ取ってもらうための作業は、すごく楽しい経験でした」。

POV形式の利点として、自分が実際に体験しているような“没入感”が挙げられるが、チェ氏はその部分にも並々ならぬこだわりを見せる。「POVスタイル作品の魅力を生かすべく、4DXの動きや動線をうまく組み合わせて(観客と)俳優たちの距離感を自然と共感できるようにするのがポイントでした」。

その上で、4DXの“武器”である計11もの特殊効果を組み込んでいった。「『はっ!』と驚かせる演出の意図を倍増させるため、“Back Tickler”(背面座席が動く)や“Face Water”(前席から、顔の周辺に水が吹き付ける)などの効果を重ねました。本作は、日常を描いたものではなく追求する表現スタイルがある作品なので、4DXのエンターテインメント(風や泡など)を溶け込ませて、4DXとしての魅力もふんだんに味わえるようにしました」。

『2001年宇宙の旅』(1968)や『シャイニング』(80)といったクラシックな映画を4DXにしたい」と野望を語ったチェ氏は、さまざまな視聴スタイルが台頭してきた現状を考察しつつ、映画館でしか味わえない4DXが「将来の映画業界をけん引していくリーダーになれるよう努力し続けなければならない」と力説。「ボクソール★ライドショー」を「日本初の試みと聞いて興奮しました」と歓迎した。

ボクソール★ライドショー 恐怖の廃校脱出!」は、岡本夏美渡辺恵伶奈、松本妃代扮する女子高生アイドル3人が、肝試し番組の撮影で訪れた廃校で恐怖体験を味わう25分間を描く。1月16日から全国公開。

(映画.com速報)
2001年宇宙の旅[Blu-ray/ブルーレイ] 2001年宇宙の旅[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,473 アーサー・C・クラーク原作、スタンリー・キューブリック監督のSF映画。
シャイニング[Blu-ray/ブルーレイ] シャイニング[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 スティーヴン・キング原作の名作小説を、スタンリー・キューブリック監督が大胆な解釈で映画化した衝撃のサスペンス・ホラー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 淵に立つの評論 淵に立つ 家族神話の幻想を通して浮かび上がる人間の闇
  • SCOOP!の評論 SCOOP! 大根仁が引き出す、新しい福山雅治のカッコ良さ
  • お父さんと伊藤さんの評論 お父さんと伊藤さん 必ずしも分かり合えない家族や恋人、それでも向き合い一歩を踏み出す瞬間
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

ココロヲ・動かす・映画社 〇(まる)

2015年度台湾興収No.1! 「私の少女時代」(我的少女時代 OURTI...

職種配給宣伝 営業・制作進行、映画字幕翻訳 映像編集 劇場(映画館カ...

映画会社ムヴィオラ

映画宣伝は大変な仕事ですが、素晴らしい映画を届ける仕事はとても楽しいです。

職種宣伝スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi