平山あや、主演作「いしゃ先生」現場を振り返る「ずっとこの役を演じていたかった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月17日 > 平山あや、主演作「いしゃ先生」現場を振り返る「ずっとこの役を演じていたかった」
メニュー

平山あや、主演作「いしゃ先生」現場を振り返る「ずっとこの役を演じていたかった」

2015年10月17日 19:00

役への強い思いを明かした平山あや「いしゃ先生」

役への強い思いを明かした平山あや
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「仙境のナイチンゲール」と呼ばれた女性医師・志田周子さんの人生を映画化した「いしゃ先生」が10月17日、京都で開催中の京都国際映画祭2015で上映され、主演の平山あや、メガホンをとった永江二朗監督が舞台挨拶に出席した。

戦前戦後の混乱期、無医村だった山形県大井沢村(現・西川町大井沢)で生涯を医療にささげた周子さんを演じるにあたり、平山は「実在の人を演じるのはプレッシャーがありました」と吐露。それでも、「全て山形県でロケをしたので、エキストラで町の皆様が参加してくださって、志田先生を実際に知る方もたくさんいらっしゃいました」といい、「私が白衣を着ているのを見て、涙をためて『すごく似ているね』と言ってくれました。皆さんが知っている志田先生に、ちょっとでも近づこうとしていました」と胸を張った。

そんな平山の演技について、永江監督は「平山さんのイメージが一変するくらい、衝撃を受ける素晴らしい演技をしていただきました。最後は志田先生がのり移っているようでした」と手放しでほめちぎる。現場の様子について、平山は「こんなに力が合わさるのか、というくらいチームワークが良かった」と感慨深げに明かし、「ずっとこの役を演じていたかったです。クランクアップは寂しくて、もっともっと撮りたかった」と山形の地に思いを馳せた。

周子さんが実際に使用したものが美術・小道具としても登場するといい、平山は「ポスターで使われている机は、志田先生が実際に使っていた机です」とニッコリ。さらに、永江監督は舞台となる診療所は「志田先生が本当に働いていた診療所の場所は、今は車庫になっていたんですが、美術さん小道具さんに渾身の力を込めてもらって、(セットの診療所を)建て直したんです」と明かし、客席を驚かせていた。

また、生涯独身を貫いた周子さんにちなみ、MCの清水圭から「自身の結婚は?」と問われた平山は、「結婚はしたいですが、残念ながら31歳になってしまったので、頑張りたいです」と苦笑を浮かべていた。「いしゃ先生」は、11月7日に山形県で先行公開。2016年1月9日から全国順次公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi