ヒトラー暗殺計画の実話描く「ヒトラー暗殺、13分の誤算」予告編公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年7月26日 > ヒトラー暗殺計画の実話描く「ヒトラー暗殺、13分の誤算」予告編公開
メニュー

ヒトラー暗殺計画の実話描く「ヒトラー暗殺、13分の誤算」予告編公開

2015年7月26日 17:30

「ヒトラー暗殺、13分の誤算」場面写真「ヒトラー暗殺、13分の誤算」

「ヒトラー暗殺、13分の誤算」場面写真
(C)Bernd Schuller
(C)2015 LUCKY BIRD PICTURES GMBH,DELPHIMEDIEN
GMBH,PHILIPP FILMPRODUCTION GMBH & CO.KG
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第1次世界大戦後から第2次世界大戦が終結する1945年まで、ドイツで独裁政治を行ったアドルフ・ヒトラーの暗殺を企てたひとりの男の人生を描く「ヒトラー暗殺、13分の誤算」の予告編が公開された。

1939年11月8日、ミュンヘンのビアホールで毎年恒例の記念演説を行っていたヒトラーは、予定より早く退席。そのわずか13分後、会場では時限爆弾が爆発した。その綿密な計画に、犯人はイギリスの諜報員とさえ推察されたが、逮捕されたのは政治的背景のない平凡な家具職人ゲオルク・エルザーだった。ヒトラーがもっとも恐れた“平凡な男”エルザーの、犯行に至るまでの人生と、揺るぎない信念を描き出す。

予告編の始まりには、「ヒトラー万歳!」と叫ぶ人々のなかに暗い顔で佇むエルザーの姿が映し出される。その後、暗殺が失敗に終わり、執拗な尋問を受けるエルザーの様子が収められ、独裁政治に対する懐疑心からの単独犯行であることが明らかになる。最後は、たったひとりでの暗殺実行を決意させた恋人との幸せな記憶と、エルザーの目からこぼれ落ちる涙が印象的な仕上がりとなっている。

メガホンをとるのは、ドイツの名匠オリバー・ヒルシュビーゲル。ライフワークとしてナチスを描くことを公言しており、「ヒトラー 最期の12日間」(2005)ではアカデミー賞外国語映画賞にノミネートされている。エルザーをクリスティアン・フリーデル、その恋人をカタリーナ・シュトラーが演じた。

ヒトラー暗殺、13分の誤算」は、10月から東京・TOHOシネマズシャンテほか全国で順次公開。

ヒトラー~最期の12日間~ Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] ヒトラー~最期の12日間~ Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,998 ナチスの党首としてドイツに君臨した独裁者“アドルフ・ヒトラー”の最期の12日間を、彼の秘書ユンゲの証言をもとに描かれた作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi