広瀬すず「バケモノの子」ヒロインで声優初挑戦!細田守監督が絶賛「凄い才能」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年4月13日 > 広瀬すず「バケモノの子」ヒロインで声優初挑戦!細田守監督が絶賛「凄い才能」
メニュー

広瀬すず「バケモノの子」ヒロインで声優初挑戦!細田守監督が絶賛「凄い才能」

2015年4月13日 04:00

「バケモノの子」ヒロイン・楓役で 声優に初挑戦する広瀬すず「バケモノの子」

「バケモノの子」ヒロイン・楓役で
声優に初挑戦する広瀬すず
(C)2015 B.B.F.P
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 進境著しい女優の広瀬すずが、細田守監督が手がけるアニメ映画「バケモノの子」で声優に初挑戦していることがわかった。

役所広司宮崎あおい染谷将太大泉洋ら、そうそうたる顔触れが結集するなか、広瀬が声を担当するのはヒロインの女子高生・楓。細田監督は、「今回が初声優とお聞きしていたのですが、凄い才能の方だなと思いオファーさせて頂きました」と起用理由を説明する。

同作は、人間界の渋谷からバケモノ界の渋天街(じゅうてんがい)に迷い込み、バケモノ・熊徹(役所)の弟子となって九太という名前を授けられた少年が繰り広げる冒険活劇。広瀬が演じる楓は、青年へと成長し渋谷と渋天街を行き来する九太と図書館で出会い、一緒に勉強するようになる女子高生という設定だ。

広瀬はアフレコ初日、「『人間ってこんなに緊張するんだ』というくらい緊張して、とても焦っていました。共演者の皆さんのアフレコを見学させて頂いて、ずっと勉強していた」という。自らの役どころについては、「自分よりも低く堂々とした声の持ち主というイメージ」と分析し、当初は不安こそあったものの「せっかくやらせて頂けるのだから、ちゃんと楓を自分のイメージを越えたものにしたいというプライドを持って挑みました」と振り返る。

初の声優挑戦にもかかわらず、明確な役へのアプローチに驚きを隠せなかったのが細田監督。楓を「ヒロインという役どころではありますが、お姫様的なヒロインではなく、九太と同志になるような存在」としていただけに、「楓は熊徹とはまた違う人間界での九太の師匠なので、そこを担えるのは広瀬さんだなと。実際にアフレコをしてみて、想像以上の素晴らしい表現力でひっくり返りました」と最大級の賛辞をおくった。

バケモノの子」は、7月11日から全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi