米倉涼子、後輩・小芝風花を「恐ろしい敵」と称賛 「バードマン」ジャパンプレミアにそろって出席 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年4月8日 > 米倉涼子、後輩・小芝風花を「恐ろしい敵」と称賛 「バードマン」ジャパンプレミアにそろって出席
メニュー

米倉涼子、後輩・小芝風花を「恐ろしい敵」と称賛 「バードマン」ジャパンプレミアにそろって出席

2015年4月8日 14:20

登壇した米倉涼子(左)と小芝風花「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」

登壇した米倉涼子(左)と小芝風花
[拡大画像]

[映画.com ニュース]   第87回アカデミー賞で作品賞を含む4部門に輝いた「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」のジャパンプレミアが4月7日、都内で行われ、“バードマン・アンバサダー”に就任した米倉涼子と、所属事務所の後輩で女優の小芝風花が登壇した。

かつて「バードマン」というヒーロー映画で世界的スターになった俳優リーガン(マイケル・キートン)は、長いスランプに陥っていた。リーガンは復活をかけてブロードウェイの舞台に挑むが、才能ある共演者マイク(エドワード・ノートン)の存在や娘のサム(エマ・ストーン)との間に生じた溝に悩み、徐々に精神的に追い詰められていく。

2012年7月に「CHICAGO」でブロードウェイ主演デビューを果たしている米倉は、「本作を見てもう一度ブロードウェイに行きたくなりました」とニッコリ。そして「エドワード・ノートンをはじめ、大好きな俳優がたくさん出ていますし、同じ業界にいる人間の1人として登場人物同士のやりとりをワクワクしながら見ました。まるで自分がニューヨークにいるような気分になれる映画です」と今作の魅力をアピールした。

一方、本編に感動し元気をもらったという小芝は、「心にグサッと刺さる言葉が多い映画でした。主人公のリーガンが葛藤している姿を見て、私も頑張らなきゃ、と思いました」と語った。さらに「エマ・ストーンさんが普段のイメージと全然違う演技をしていて、すごい迫力でした」と口にすると、「先輩、自分と全く異なる役を演じる場合はどのように役作りをすればいいんですか?」と米倉に唐突に質問。それに対し、米倉は「とりあえず、やってみたらいいんじゃないの?」とあっけらかんとした調子で答え、笑いを誘っていた。

この日は、小芝がストーン扮するサムになりきって今作のワンシーンを再現するひと幕も。それまでの初々しい様子から一変し、激しいセリフ回しで熱演する小芝を見て、米倉は「迫力がすごかった。よくこんな大勢の人の前でこれだけちゃんと芝居ができたねえ。まだ10代ですよ。恐ろしい敵がやってきました(笑)」と後輩の演技に感嘆していた。

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」は4月10日から全国公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi