米倉涼子がアカデミー賞受賞作「バードマン」アンバサダーに! 実は“あの個性派俳優”の大ファン!? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年3月27日 > 米倉涼子がアカデミー賞受賞作「バードマン」アンバサダーに! 実は“あの個性派俳優”の大ファン!?
メニュー

米倉涼子がアカデミー賞受賞作「バードマン」アンバサダーに! 実は“あの個性派俳優”の大ファン!?

2015年3月27日 19:30

(上)「バードマン」の一場面 (下)TVスポットのナレーションを務める米倉涼子「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」

(上)「バードマン」の一場面
(下)TVスポットのナレーションを務める米倉涼子
(C)2014 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース]第87回アカデミー賞で作品賞、監督賞を含む4部門に輝いた「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」のアンバサダーに米倉涼子が就任し、米倉がナレーションを務める同作のTVスポットが公開された。

カンヌ国際映画祭監督賞に輝いた「バベル」など、シリアスな人間ドラマに定評のあるアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が、自身初となるダークファタジーに挑んだ本作。かつて「バードマン」というヒーロー映画で一世を風びした俳優リーガン(マイケル・キートン)は、再起をかけてブロードウェイの舞台に挑む。しかし才能豊かな共演者マイク(エドワード・ノートン)の存在や娘のサム(エマ・ストーン)との間に生じた溝に悩み、次第に精神的に追い詰められていく。

今回、洋画のTVスポットナレーションに初挑戦した米倉は、本作の演技でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたエドワード・ノートンの大ファンだという。また自身も2012年7月に「CHICAGO」でブロードウェイ主演デビューを果たしていることから、本作の中でナオミ・ワッツ扮する女優レズリーが、初めてブロードウェイに立つときの緊張がよく理解できたと語っている。「“絶対に失敗できない、絶対に成功させてやるんだ”という気持ち。また、その舞台に対して自分が少しでも役に立ちたいという思いに共感できました」。

米倉は公開されたTVスポットの中で、「こんな興奮初めてです!」「ブロードウェイのあの臨場感!」「父と娘のドラマ」「さすがアカデミー作品賞!」といった言葉を使いながら本作を熱くPRしている。本TVスポットは、4月3日よりテレビ朝日系、フジテレビ系にてオンエアされる予定だ。

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」は4月10日から全国公開。

バベル[DVD] バベル[DVD] 最安価格: ¥990 モロッコ、メキシコ、アメリカ、日本を舞台に、ブラッド・ピット、役所広司らが演じるキャラクターが、それぞれの国で、異なる事件から一つの真実に導かれていく衝撃のヒューマンドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi