精神科病棟での心理劇 グザビエ・ドラン主演作「エレファント・ソング」予告編 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年3月31日 > 精神科病棟での心理劇 グザビエ・ドラン主演作「エレファント・ソング」予告編
メニュー

精神科病棟での心理劇 グザビエ・ドラン主演作「エレファント・ソング」予告編

2015年3月31日 17:00

「エレファント・ソング」の一場面「エレファント・ソング」

「エレファント・ソング」の一場面
(C)Sebastien Raymond
[拡大画像]

[映画.com ニュース]カナダの鬼才グザビエ・ドランが俳優として主演した「エレファント・ソング」の公開日が6月6日に決定、このほど予告編が公開された。

失踪した精神科医と、愛を渇望した青年との関係を描いた心理劇。ある日、精神科医が失踪し、患者のマイケルという青年だけが手がかりを知っていた。院長はマイケルから事情を聞こうとするが、マイケルは巧みな話術で院長をわなに取り込んでいく。

監督だけにとどまらず、俳優としても評価の高いドランが脚本を読んで「これは僕だ」と出演を熱望したという。痛々しいまでに愛を求める青年マイケルをドランが熱演し、ブルース・グリーンウッドキャサリン・キーナーら実力派俳優と共に緊張感あふれる会話劇を展開し、俳優としての底力を見せつける。

予告編では、マイケルと院長グリーンの会話が切り取られており、「母を殺した」「僕が彼を殺した」など、嘘か本当かわからないようなことをほのめかし、緊張感のある物語の展開を予感させる。

エレファント・ソング」6月6日から新宿武蔵野館、渋谷アップリンクで公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi