「RIZE」ドラマー・金子ノブアキ、演奏が良いときは「セックスよりも良い」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年3月31日 > 「RIZE」ドラマー・金子ノブアキ、演奏が良いときは「セックスよりも良い」
メニュー

「RIZE」ドラマー・金子ノブアキ、演奏が良いときは「セックスよりも良い」

2015年3月31日 17:50

「RIZE」ドラマー・金子ノブアキ「セッション」

「RIZE」ドラマー・金子ノブアキ
[拡大画像]

[映画.com ニュース]第87回米アカデミー賞で助演男優賞のほか3部門を受賞した映画「セッション」の公開記念トークイベントが3月31日、都内で行われ、3ピースバンド「RIZE」のドラマーとして活躍する俳優・金子ノブアキが出席した。

イベントでは、ドラム経験者の観客から質問が寄せられた。「女かドラムで悩んだことは?」と問われると、「これからあるかもしれないですね!」とジョークを飛ばしながらも、「演奏が良いときは、セックスよりも良いなと思いますね。ドラムの方がいいなと思う瞬間はあります」と暴露し会場を沸かせる。「練習熱心、ストイックですねと言われることがありますが、(ドラムは)快楽だというのが30歳過ぎてからハッキリとわかりましたね」と笑顔で語っていた。

映画は、撮影当時28歳のデイミアン・チャゼル監督が3億円の製作費をもとに、19日間で作り上げた力作。世界的ジャズドラマーを目指し名門音楽学校に入学したニーマン(マイルズ・テラー)は、伝説の教師フレッチャー(J・K・シモンズ)の指導を受けることに。しかし、常に完ぺきを求めるフレッチャーは容しゃない罵声を浴びせ、レッスンは次第に狂気に満ちていく。

鬼教師フレッチャー役のシモンズの怪演に対し、金子は「終わってそのままスタジオに行きましたね、叩きに。ドラムが好きなんだというよりは強迫観念で、作品が追っかけてくる、この人に怒らるれんじゃないかと思って」と映画の感想を話す。本職のドラマーではないテラーの演奏についても、「超カッコいい、ドラマーの人なのかなと思った。関係者から何カ月か訓練したと聞いて、血のにじむような訓練をしたんだろうな、素晴らしいなと思いましたね」と手放しで絶賛していた。

フレッチャーが演奏するニーマンのほおを張り、罵倒し続ける姿が印象的だが、金子は「『俺だったら絶対くじける、打ちひしがれるだろうな』と思った(笑)」と弱音をチラリ。そしてチャゼル監督の実体験に基づく物語だと聞くと、「実体験ってすごくないですか、実際にいたってことですよね。極めて個人的な復しゅうも兼ねての作品ということですよね。見てろよ、という」と苦笑していた。

セッション」は、4月17日から公開。また、金子の新曲「The Sun」が4月1日配信リリース開始、初のソロライブが23日に開催される。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi