谷桃子、今泉力哉監督にTバックをプレゼント 自身の恋愛は“尽くしすぎるタイプ” : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年2月13日 > 谷桃子、今泉力哉監督にTバックをプレゼント 自身の恋愛は“尽くしすぎるタイプ”
メニュー

谷桃子、今泉力哉監督にTバックをプレゼント 自身の恋愛は“尽くしすぎるタイプ”

2015年2月13日 15:10

谷桃子と今泉力哉監督「鬼灯さん家のアネキ」

谷桃子と今泉力哉監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース]タレントの谷桃子が2月13日、都内で行われた初主演映画「鬼灯さん家のアネキ」のブルーレイ&DVD発売記念イベントに、今泉力哉監督とともに出席した。谷は同作でお気に入りだという「胸元に数式を書いた女教師の格好で童貞の弟を惑わす」シーンを再現した衣装で登場し、今泉監督にバレンタインのチョコレートケーキをプレゼント。チョコと一緒に贈られた箱にはTバックが入っており、第三子誕生間近だという今泉監督を困らせるイタズラで笑いをさらった。

バレンタインデーの予定を聞かれると、谷は「(チョコを)渡す予定はないんですが、作ってはいます。マネージャーとか社長とか事務所の方に渡すか、仲の良い女性に渡そうかなと。寂しいですね~」としょんぼり。思い出のエピソードとして「チョコレートの中にわさびを詰めたことがあります」といい、「昔、好きだった方に渡しました。好きな人にそういうことをしちゃうんです。刺激的な恋は好きですか?」と笑顔を見せた。

谷の恋愛傾向については、今泉監督によると“尽くしすぎるタイプ”だそう。谷は「パチンコ屋さんでパチンコをする彼(恋人)を、6時間くらい車で待ったことがあります」と語り、「男をダメにしちゃいますね、それでは。今ではそういうことをしないように心掛けています」と弁明していた。

映画は、五十嵐藍氏の4コマ漫画を「こっぴどい猫」「サッドティー」の今泉監督が実写化。鬼灯ハル(谷)が、血のつながらない弟で童貞高校生の鬼灯吾朗(前野朋哉)を、過剰なスキンシップやイタズラで困らせる日常を描き出す。ブルーレイは谷の制服生着替えシーンなどを追加したセクシーバージョンだそうで、谷は「盗撮風の生着替えシーンなので、自分も盗撮しているような気分で、ドキドキしながら見てほしい」とニッコリ。そして「私がお胸を揺らしてみたり、お尻をぷるぷるさせているのを、今泉監督が照れているのがとてもかわいらしかった」と撮影時を振り返っていた。

鬼灯さん家のアネキ」は、佐藤かよ川村ゆきえ水澤紳吾モト冬樹らが共演している。ブルーレイ&DVDは2月18日から発売。

こっぴどい猫[DVD] こっぴどい猫[DVD] 最安価格: ¥3,959 国民的タレント・モト冬樹の生誕60周年記念を祝して製作された。モト冬樹演じる初老の作家を軸に、総勢15人の男女が登場し、グズグズのダメ恋愛群青劇を繰り広げる。
サッドティー[DVD] サッドティー[DVD] 最安価格: ¥2,506 恋愛二股を解消したい映画監督とその2人の彼女。彼の行きつけの喫茶店のアルバイトの女の子とマスター。彼女へのプレゼントを買いに行ったお店の店員に一目惚れする男ほか、様々な恋愛を通し、男女12人の視点から「ちゃんと好き」ということを考察する恋愛群像劇の傑作!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi