「やりコン」実写化も出演グラドルは消極的だった : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年9月25日 > 「やりコン」実写化も出演グラドルは消極的だった
メニュー

「やりコン」実写化も出演グラドルは消極的だった

2011年9月25日 12:04

最初はどうやって断ろうかと……「やりすぎコンパニオンとアタシ物語」

最初はどうやって断ろうかと……
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 平本アキラの人気コミックを実写化した「やりすぎコンパニオンとアタシ物語」が9月24日、公開初日を迎え、映画に出演する人気グラビアアイドルの守永真彩丸高愛実伊藤えみ谷桃子が東京・池袋シネマ・ロサで舞台挨拶を行った。

特殊な温泉水を飲んだことでDNAが突然変異し、“やりすぎコンパニオン”に変身する体質になってしまった上杉やりす(守永)と、温泉水を飲ませた責任を感じ行動をともにする北条しづか(丸高)。ふたりが温泉街にはびこる悪を退治するお色気コメディで、先輩コンパニオンの六本木美奈子(伊藤)、謎めいた存在の穴流鶏子(谷)ら個性的なキャラクターが登場する。

守永にとっては初の映画主演だったが「素直にうれしかったけど、原作を読んでみたら、自分でも『おっ』と思うほど過激なシーンが多くて。私、どうなるんだろうって不安のほうが大きくなった」。丸高は所属事務所のスタッフから「原作は読むな」と言われたといい、「そう言われると読みたくなる。実際、読んだら『これは無理だな』と思った」と当初は出演に消極的だったと告白した。

さらに伊藤は「過激な内容だし、どうやんわりお断りしようかとマネージャーと相談した。(企画書に)共演した経験がある谷桃子ちゃんの名前もあって、『谷さんのところはどう断るんだろう』と思っていたら、『谷さんは快諾した』という連絡があって(笑)」。谷は撮影中“お笑い担当”として現場を和ませていたといい、この日もお笑いコンビ「オードリー」の春日俊彰が得意するギャグ“鬼瓦”を披露し、客席は拍手喝さいだ。

メガホンをとった山本清史監督は「企画を出したのは1年前。映画化が決まったのが3月11日だった。地震が起こる30~40分前のことで、その後、揺れた瞬間は『(映画化は)終わったな』と思った」。それだけに公開初日に感無量の面持ちで「くだらない、バカバカしい作品ですが(笑)、自分なりにいろんなメッセージを詰め込んだ」と胸を張った。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi