全米映画批評家協会賞、作品賞はゴダール初の3D長編「さらば、愛の言葉よ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年1月6日 > 全米映画批評家協会賞、作品賞はゴダール初の3D長編「さらば、愛の言葉よ」
メニュー

全米映画批評家協会賞、作品賞はゴダール初の3D長編「さらば、愛の言葉よ」

2015年1月6日 10:15

「さらば、愛の言葉よ」ポスター「さらば、愛の言葉よ」

「さらば、愛の言葉よ」ポスター
(C)2014 Alain Sarde - Wild Bunch
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第49回全米映画批評家協会(NSFC)賞が1月3日発表され、巨匠ジャン=リュック・ゴダール監督初の3D長編映画「さらば、愛の言葉よ」が作品賞に選ばれた。

とある人妻と独身の男の関係と会話を軸に、めくるめく映像と音の世界が展開される「さらば、愛の言葉よ」は、ゴダールならではの革新的な“映画芸術”として3D技術を用いている。第67回カンヌ映画祭で審査員特別賞を受賞した。1月31日から、シネスイッチ銀座ほか全国順次公開。

なお、同賞を昨年は「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」、一昨年は「愛、アムール」が受賞している。

2014年度 NSFC賞の受賞者は次の通り。

▽作品賞 「さらば、愛の言葉よ
次点:「6才のボクが、大人になるまで。
▽監督賞 リチャード・リンクレイター監督「6才のボクが、大人になるまで。
次点:ジャン=リュック・ゴダール監督「さらば、愛の言葉よ
▽主演男優賞 ティモシー・スポールターナー、光に愛を求めて
▽主演女優賞 マリオン・コティヤールエヴァの告白」「サンドラの週末
▽助演男優賞 J・K・シモンズ「ウィップラッシュ(原題)」
▽助演女優賞 パトリシア・アークエット6才のボクが、大人になるまで。
▽脚本賞 ウェス・アンダーソングランド・ブダペスト・ホテル
▽ノンフィクション映画賞 「Citizenfour(原題)」(ローラ・ポイトラス監督)
▽撮影賞 ディック・ポープターナー、光に愛を求めて

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi