D・フィンチャー「ゴーン・ガール」、NY映画祭でメディアが「オスカーに爆弾投下」と絶賛 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年9月30日 > D・フィンチャー「ゴーン・ガール」、NY映画祭でメディアが「オスカーに爆弾投下」と絶賛
メニュー

D・フィンチャー「ゴーン・ガール」、NY映画祭でメディアが「オスカーに爆弾投下」と絶賛

2014年9月30日 17:51

レッドカーペットに登場したスタッフ、キャスト陣「ゴーン・ガール」

レッドカーペットに登場したスタッフ、キャスト陣
(C)2014 Twentieth Century Fox
[拡大画像]

[映画.com ニュース]ベン・アフレック主演、鬼才デビッド・フィンチャーがメガホンをとった「ゴーン・ガール」が9月26日(現地時間)、アメリカで行われたニューヨーク映画祭のオープニング作品として上映され、アフレックとフィンチャー監督のほかロザムンド・パイク、原作者であり脚本も務めたギリアン・フリン氏らがレッドカーペットを歩いた。

幸福な夫婦に訪れた悲劇を描くフリン氏のスリラー小説を映画化した本作を、会場に集まった多数のネットメディアが絶賛。「『ゴーン・ガール』は、精密に作られたスリラー」(LA TIMES)、「NY映画祭開幕早々に閃光を放つ」(Reuters)、「NY映画祭を開幕、さっそくオスカーへ直行」(DEADLINE)、「デヴィッド・フィンチャーが『ゴーン・ガール』でオスカーに爆弾投下」(HITFIX)などといった記事が掲載され、米アカデミー賞の賞レースにインパクトを与える結果を残した。

フィンチャー監督は本作について「ストーリーが持っているパワーに驚いている。ギリアン(フリン氏)が明らかにしてみせたのは、自分がどういう人物に見られたいかだけではなく、どういう人と一緒にいると思われたいかについても自己愛的な投影があるということだった」と解説。アフレックはフィンチャー監督を称賛し、「この作品の魅力はデビッドにある。リスペクトできる監督とでなければ、演技はしたくないと思った。監督のカットの一言で安心でき、演技を終えられる」と絶大な信頼を明かした。

メイン会場のアリス・タリー・ホールで開催された上映会では、キャパシティである1000名の鑑賞チケットが完売した為、同会場で2度の上映が行われるほどの注目ぶり。さらにキャパシティ300名のウォルター・リード劇場でも3度上映される措置が取られる大盛況となった。

ゴーン・ガール」は、12月12日から全国公開。

ソーシャル・ネットワーク[Blu-ray/ブルーレイ] ソーシャル・ネットワーク[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,490 世界を席巻する若き天才の素顔を、鬼才デヴィッド・フィンチャー監督が暴く!若き億万長者・世界最大のSNS“facebook”のCEO、マーク・ザッカーバーグのサクセス・ストーリー!
アルゴ<エクステンデッド・バージョン>[Blu-ray/ブルーレイ] アルゴ<エクステンデッド・バージョン>[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,189 アメリカが封印した最高機密情報を基にした衝撃の実話!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi