第7回「したコメ」開幕!特別コメディ栄誉賞は映画デビュー100周年の喜劇王チャップリン : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年9月13日 > 第7回「したコメ」開幕!特別コメディ栄誉賞は映画デビュー100周年の喜劇王チャップリン
メニュー

第7回「したコメ」開幕!特別コメディ栄誉賞は映画デビュー100周年の喜劇王チャップリン

2014年9月13日 17:45

第7回したコメは9月16日まで!「荒野はつらいよ アリゾナより愛をこめて」

第7回したコメは9月16日まで!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 東京・台東区の浅草と上野をメイン会場に、国内外のコメディ映画を特集上映する第7回「したまちコメディ映画祭in台東」のオープニングイベントが、9月13日に行われた。オレンジ通りに敷かれたレッドカーペットには、総合プロデューサー・いとうせいこうや応援人・内海桂子をはじめ、上演作品関連の多彩なゲストが人力車で登場し、沿道の見物客の喝さいを浴びた。

「したコメ」の愛称で親しまれ、今年で第7回を迎えた同映画祭は、4日間にわたり東京・下町をコメディ映画で染め上げる。いとうは「とうとうラッキーセブンの第7回。こういう下町から全国に、あるいは全世界へ笑いを届けていきたい」とアピール。内海は前日に92歳の誕生日を迎えたそうだが、「あと8つで100(歳)ですからね、100歳の時も、皆様またお目にかかりましょう」とエネルギッシュに意欲を明かした。

カーペットには、企画上映「『野良スコ』in したコメ~コタロー主催!? 一挙上映会~」のクリエイター・内山勇士氏、齊藤工監督作「バランサー」に出演するお笑いコンビ「ニッチェ」、セス・マクファーレン監督作「荒野はつらいよ アリゾナより愛をこめて」の宣伝隊長・テッド、「騒音 THE FIVE OYAJI」の関根勤監督、出演の温水洋一村松利史酒井敏也、アマンダらが次々と登場した。

浅草公会堂で行われたオープニングセレモニーでは、別の取材のためカーペットに参加できなかった斎藤工が登壇。自身がよく出没するという阿佐ヶ谷を引き合いに出し、「阿佐ヶ谷の血の通った温かい雰囲気と、浅草の雰囲気が非常に近いと思っている。ぜひこの映画祭に、阿佐ヶ谷のチームで来られたらと思っていた」と感無量の面持ちだった。

さらに、喜劇王チャールズ・チャップリンの映画デビュー100周年にあたる今年は、恒例企画「声優口演」でチャップリンの孫であるチャーリー・シストバリス氏を招待。第7回の「特別コメディ栄誉賞」はチャップリンに授与され、代理で表彰されたシストバリス氏は、「祖父は極貧の幼少時代を過ごし、人から認められるのが大切なことだと思ってきた。祖父が愛した日本で認められたということは、とても喜んで光栄に思っている」と涙ぐみながら謝辞を述べた。

同映画祭は9月16日まで。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi