「ジブリの立体建造物展」が動員10万人突破、「千と千尋の神隠し展」を上回るペース : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年9月11日 > 「ジブリの立体建造物展」が動員10万人突破、「千と千尋の神隠し展」を上回るペース
メニュー

「ジブリの立体建造物展」が動員10万人突破、「千と千尋の神隠し展」を上回るペース

2014年9月11日 15:30

米林監督がモデルのカオナシと並んで記念撮影「千と千尋の神隠し」

米林監督がモデルのカオナシと並んで記念撮影
[拡大画像]

[映画.com ニュース]東京・小金井市の江戸東京たてもの園で開催中の「ジブリの立体建造物展」が9月11日、動員10万人突破のセレモニーを行った。現在公開中の「思い出のマーニー」を手がけた米林宏昌監督、スタジオジブリの人気キャラクターであるトトロとカオナシが駆けつけ、記念すべき10万人目の来場者にプレゼントを手渡した。

スタジオジブリの出発点となった「風の谷のナウシカ」から、最新作「思い出のマーニー」まで作品に登場する建造物の背景画や美術ボード、美術設定といった貴重な資料を展示。また、「千と千尋の神隠し」の舞台となる油屋の立体建造物などが、本展覧会のために制作・展示されている。7月10日に開幕し、8月の動員数は江戸東京たてもの園の開園以来、最高の動員を記録。2002年に同園で開催された「千と千尋の神隠し展」を上回るペースで、動員10万人を突破した。

米林監督は「ラピュタ(『天空の城ラピュタ』)やナウシカといった、何度も見ている作品の背景原画を実際に見ると、こういう世界観を生み出す宮崎監督の頭は、どんな構造をしているんだろうと思う」と改めて圧倒された様子。「特にジブリ作品では、美術が物語の主軸としてすごく大切なポイントになっている」と話していた。

また、米林監督がモデルだとされるカオナシとのツーショットが実現し、「こうして一緒に並ぶのは初めてかもしれないですね」と照れ笑い。「僕がモデルというよりは、カオナシが僕に似ていたんだと思う」と“由来”について明かしていた。10万人目の来場者となったのは、都内から来たという学生の竹内美晴さん(19歳)と佐々木春希さん(18歳)で、激しい雨で遅れてきた友人を待っていたら、10万人目にカウントされた幸運の持ち主。「立体の油屋や魔女宅(『魔女の宅急便』)の家がかわいかった」(竹内さん)、「マーニーに出てくる湿っ地屋敷の絵がきれいだった」(佐々木さん)と展示を満喫していた。

「ジブリの立体建造物展」は12月14日まで、江戸東京たてもの園で開催。

借りぐらしのアリエッティ[Blu-ray/ブルーレイ] 借りぐらしのアリエッティ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,012 メアリー・ノートン原作のイギリスの児童文学「床下の小人たち」をアニメーション化。とある郊外の古い屋敷を舞台に、人間から自分たちの暮らしに必要なものを必要な分だけ借りてきて床下で暮らしている、借りぐらしの小人一家を描く。
千と千尋の神隠し[Blu-ray/ブルーレイ] 千と千尋の神隠し[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,336 米アカデミー賞長編アニメーション賞、ベルリン国際映画祭金熊賞受賞作。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi