井上真央、大河ドラマ「花燃ゆ」は「幕末版『男はつらいよ』みたい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年9月11日 > 井上真央、大河ドラマ「花燃ゆ」は「幕末版『男はつらいよ』みたい」
メニュー

井上真央、大河ドラマ「花燃ゆ」は「幕末版『男はつらいよ』みたい」

2014年9月11日 14:52

吉田松陰の妹・杉文を演じる井上真央「男はつらいよ」

吉田松陰の妹・杉文を演じる井上真央
[拡大画像]

[映画.com ニュース]女優の井上真央が9月11日、主演を務める2015(平成27)年放送のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」のスタジオ収録を東京・成城の東宝スタジオで行い、共演の大沢たかお長塚京三檀ふみ原田泰造久保田磨希奥田瑛二とともに会見した。

井上は、幕末に活躍する多くの門下生を輩出した松下村塾の塾長・吉田松陰の妹・杉文(すぎ・ふみ)を演じる。8月に山口・萩でクランクインし、長崎や都内近郊でのロケを経て、9月2日からスタジオ収録に入った。この日は松下村塾のセットを見わたしながら「とっても贅沢なセットの中で撮影させていただいております。これから杉家にいろいろな方が門をたたいてきます。私が成長していく姿を多くの方に見ていただきたいです」とほほ笑んだ。

父・百合之助役の長塚、母・滝役の檀とも息はぴったりの様子で、「父はとっても働き者で、いつも畑にいて本を読みながら働いている。母はおおらかで、いつも母を和ませてくれる存在」と最敬礼。松蔭の幼名・寅次郎に絡めて、「この家族は松蔭に毎回振り回されているんです。幕末版『男はつらいよ』みたいな感じなんです。そんな家族を見て、皆さんにもほっこりして頂きたい」と語り、登壇陣を和ませた。

また、幼い松蔭を鍛え上げた兵学者・玉木文之進に扮する奥田は、文の幼年時代を演じた子役にビンタするシーンがあるという。「フェイクでやればいいんだろうが、リアリティを追求するあまり、本番一発だけ思い切りたたきました。歯を食いしばって見上げた目に涙が浮かんで、『ああ、いい芝居をするなあ』と思ったら、カットがかかってからセットの隅で泣いていた。親にもたたかれたことがないというのに、人生最初の男になってしまった」と真しな眼差(まなざ)しで明かした。

大島里美宮村優子が脚本を手がける今作は、文(のちの美和子)が久坂玄瑞の妻となり、激動の長州藩の運命に翻ろうされながら、新たな時代へと松蔭の志を引き継いでいく姿を描く。

「花燃ゆ」は、2015年1月4日から放送。

白ゆき姫殺人事件 豪華版2枚組【初回限定生産】Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 白ゆき姫殺人事件 豪華版2枚組【初回限定生産】Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,886 原作者・湊かなえの小説を基に、美人OLの殺害容疑を掛けられた女性をめぐって人間の悪意を浮き彫りにしていくサスペンスドラマ。
謝罪の王様[DVD] 謝罪の王様[DVD] 最安価格: ¥3,628 謝るとき、人は誰でも主人公。主演の阿部サダヲ、ヒロイン・井上真央をはじめ、贅沢なほどバラエティに富んだ錚々たるキャストが集結!!前代未聞、映画史上初の“謝罪エンタテインメント”超大作!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi