庵野秀明監督、特集上映に「ありがたい」 ジブリ鈴木氏が後継者に指名 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年8月26日 > 庵野秀明監督、特集上映に「ありがたい」 ジブリ鈴木氏が後継者に指名
メニュー

庵野秀明監督、特集上映に「ありがたい」 ジブリ鈴木氏が後継者に指名

2014年8月26日 18:06

(左から)ハリー杉山、庵野秀明監督、岡本あずさ

(左から)ハリー杉山、庵野秀明監督、岡本あずさ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第27回東京国際映画祭の第1回記者会見が8月26日、東京・六本木アカデミーヒルズで行われ、特集上映「庵野秀明の世界」で上映される作品ラインナップが発表された。庵野秀明監督も駆けつけ、「恥ずかしいですけど、作品を見直し、根っこの部分は変わっていないと感じた。結構面白いものを作ってきたなと再発見した。ありがたいです」と感無量の面持ちだった。

学生時代に自主制作した短編に始まり、原画を担当した「超時空要塞マクロス」(1982)、「風の谷のナウシカ」(84)、「火垂るの墓」(88)、監督を務めたOVA「トップをねらえ!」(88)、95年に社会現象を巻き起こした「新世紀エヴァンゲリオン」全話とその後、劇場公開された「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 DEATH(TRUE)2/Air/まごころを、君に」(98)、実写作品に取り組んだ「ラブ&ポップ」(98)、「式日」(00)、「キューティーハニー」(04)、完結が待たれる「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」3作品など、全編・抜粋を含めて計42タイトルが上映される。

バラエティに富んだ作品群に、庵野監督本人も「それにしても、いろんなことをやっていますね」と驚きの表情。転機となった「新世紀エヴァンゲリオン」について、「最初はまともなロボットアニメだったのに、だんだん妙な方向におかしくなって(笑)。若かったですね。30代じゃないと、あんなことできない」と舞台裏を振り返った。

会見後には、今回の特別上映を発案したというスタジオジブリの鈴木敏夫氏も登場し、庵野監督とツーショットで取材に応じ「宮崎駿が引退した後、日本のアニメは庵野がけん引していく。今、作家として取り上げるなら、庵野しかいない」と断言。当の庵野監督は「何だか、ひと区切りさせられちゃった感じですが、鈴木さんにはいろいろお世話になっているので……」と照れ笑いを見せた。

昨年度から同映画祭のディレクター・ジェネラルを務める椎名保氏は「作品重視の映画祭をコンセプトに、映画祭の知名度、認知度をより高めたい」と宣言。「国内外のクリエイターが東京を目指し出品し、国内外での評価とビジネス的成功をもたらし、(映画祭の)ブランド力を上げて、より良質な作品が映画祭にやって来るという好循環を生み出したい」と抱負を語った。また、同映画祭の事務局長・都島信成氏が会場の拡大、アニメーションへの注力、歌舞伎座特別上映イベント、アジア映画の発信強化、若手の育成という5つの新たな取り組みを説明した。

会見では若い世代に映画祭の魅力を伝える「フェスティバル・ナビゲーター」に岡本あずさハリー杉山が起用されることも発表された。なお、コンペティション作品、特別招待作品などの上映ラインナップは、9月30日に開催される第2回記者会見で明らかになる予定だ。

オープニング作品はウォルト・ディズニーの最新作「ベイマックス」(12月20日公開)。クロージング作品には山崎貴監督の最新作「寄生獣」(11月29日公開)が選出されている。両作品とも世界最速でのお披露目で、「ベイマックス」に関してはディズニー作品史上初めて、日本でワールドプレミアを迎える貴重な機会となり、製作総指揮に立つジョン・ラセターの来日も決定した。

第27回東京国際映画祭は10月23~31日、六本木ヒルズ、TOHOシネマズ日本橋ほかで開催。

風立ちぬ[Blu-ray/ブルーレイ] 風立ちぬ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,300 2013年7月に公開された、スタジオジブリ制作の長編アニメーション作品。原作・監督・脚本は、宮崎駿。
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(EVANGELION:1.11)[Blu-ray/ブルーレイ] ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(EVANGELION:1.11)[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,609 全4部作の序章的な位置づけにあたる本作では、14歳の少年・シンジが汎用ヒト型決戦兵器・人造人間エヴァンリオンに乗り、正体不明の敵性存在「使徒」と戦い始める契機と、自分の暮らしや友人、街などの身近なものを認識する過程を描く。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • キングコング 髑髏島の巨神の評論 キングコング 髑髏島の巨神 コングの勇姿と敵モンスターとの死闘が、怪獣映画の本質とは何かを教えてくれる。
  • ムーンライトの評論 ムーンライト 少年の成長譚から、甘酸っぱく狂おしいメロドラマへ。映画は見事な大変身を遂げる
  • はじまりへの旅の評論 はじまりへの旅 繊細でエキセントリックな魅力を放つ、ヴィゴ・モーテンセン版「リトル・ミス・サンシャイン」
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭事務局

積極的に映画祭を盛り上げてくれる方募集!

職種①広報・宣伝スタッフ ②制作・運営アシスタント

株式会社アニープラネット

あなたの笑顔の先に映画のヒットがあります! 明るくて誠実なあなたを待っています!

職種映画パブリシスト

株式会社ファントム・フィルム

誰かの人生の1本になる。そんな映画を一緒に探しませんか!

職種(1)宣伝部 (2)邦画(コンテンツ)プロデューサー
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi