日本エンタメ小説大賞、大賞は「該当なし」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年8月14日 > 日本エンタメ小説大賞、大賞は「該当なし」
メニュー

日本エンタメ小説大賞、大賞は「該当なし」

2014年8月14日 03:45

[映画.com ニュース]映画のプロデューサーに「映画化したい」と思わせる原作小説の文学賞「第2回日本エンタメ小説大賞」の受賞結果が発表された。大賞は該当なし。次点の優秀賞は2作品が選ばれた。

優秀賞は、田井庸介氏の「幻想のソネット」と、山田明氏の「マラバ・テマルとの十四日間」。この2作品は今後リンダパブリッシャーズから出版される予定だ。

今回は208編の応募があり、審査委員長の久保田修プロデューサーのもと、一次選考で30編、二次選考で10編、三次選考で4編に絞り込み、最終選考で前記の2作品を選出した。主催はカルチュア・コンビニエンス・クラブ、ニッポン放送、リンダパブリッシャーズ。なお、第3回の募集は9月開始に向けて準備中。(文化通信)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi