「GODZILLA」ハリウッドで初披露!渡辺謙ら主要キャスト結集にファン2000人熱狂 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年5月9日 > 「GODZILLA」ハリウッドで初披露!渡辺謙ら主要キャスト結集にファン2000人熱狂
メニュー

「GODZILLA」ハリウッドで初披露!渡辺謙ら主要キャスト結集にファン2000人熱狂

2014年5月9日 12:35

主演のアーロン・テイラー=ジョンソンと渡辺謙「ゴジラ」

主演のアーロン・テイラー=ジョンソンと渡辺謙
[拡大画像]

[映画.com ニュース]レジェンダリー・ピクチャーズとワーナー・ブラザース製作・配給の「GODZILLA」のワールドプレミアが5月8日(現地時間)、アカデミー賞授賞式会場で知られる米ロサンゼルスのドルビーシアターで行われた。「GODZILLA」の名が刻まれる歩道「walk of fame」に面したハリウッド大通りに約120メートルのブラックカーペットが敷かれ、主演のアーロン・テイラー=ジョンソン、渡辺謙エリザベス・オルセンブライアン・クランストン、日本語吹き替えを担当する佐野史郎ギャレス・エドワーズ監督らが顔をそろえ、熱烈なファン約2000人に出迎えられた。

記念すべきシリーズ第1作「ゴジラ」(1954)誕生から60年。これまでに日本では28作品が製作され、国内の累計観客動員は9975万人におよぶが、海外での公開やハリウッドリメイク版の動員を含めると優に1億人を突破する。北村龍平監督が手がけた「ゴジラ FINAL WARS」から10年ぶりの“復活”となるだけに、全米のゴジラファンにとっても待望のお披露目となった。この日、ドルビーシアターでは約1500人のファンが5月16日の全米公開に先駆けて観賞した。

第1作で平田明彦が演じた科学者・芹沢大助にオマージュを捧げる芹沢博士役の渡辺は、妻で女優の南果歩とともにブラックカーペットを歩き「すごくファンの息吹を感じました。楽天戦での始球式の方が緊張したね」とニッコリ。完成した本編を観賞した際には、ゴジラの咆哮(ほうこう)に感動したそうで「あの叫び声を聞いて、ゴジラが帰ってきたんだなと実感した。この仕事にかかわって本当に良かった」と手ごたえのほどをうかがわせた。

2001年の「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」に出演した南は、「日本のゴジラをベースにここまでスケールアップして、すごく楽しめました。日本のゴジラへのリスペクトも感じますし、日本のファンを裏切らない作品になっていると思います。映画としては100点満点」と太鼓判を押していた。主演のテイラー=ジョンソンは、渡辺との共演を振り返り「彼は天才だ。レジェンドだよ。本当に素晴らしかった。すごくたくさんのことを学んだよ。とても心があたたかくて、優しくて、親切な人だよ」と最敬礼だった。

今回のゴジラは、54年の初代ゴジラの推定体長(50.3メートル)の倍以上となる、過去最大の108メートル(約355フィート)におよんだ。フルCGを駆使したゴジラの精緻な動きはもちろんだが、登場するキャラクターそれぞれの人物背景も綿密に描かれており、人間ドラマとしても見逃すことができない仕上がりになっている。また、別の怪獣が本編に登場することも明らかになった。全米では16日に3800スクリーン以上で封切られる。日本では、東宝配給で7月25日から全国で公開。

GODZILLA【60周年記念版】[Blu-ray/ブルーレイ] GODZILLA【60周年記念版】[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,756 日本を代表する特撮映画を「インディペンデンスデイ」の強力スタッフが制作したSF超大作。マシュー・ブロデリック、ジャン・レノほか出演。
許されざる者[Blu-ray/ブルーレイ] 許されざる者[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,586 1993年米アカデミー賞・最優秀作品賞等4部門を受賞したイーストウッド監督・主演作「許されざる者」が日本映画で生まれ変わる!出演:渡辺謙

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi