“怪獣絵師” 開田裕治氏、ハリウッド版「GODZILLA」に期待 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年3月21日 > “怪獣絵師” 開田裕治氏、ハリウッド版「GODZILLA」に期待
メニュー

“怪獣絵師” 開田裕治氏、ハリウッド版「GODZILLA」に期待

2014年3月21日 05:00

“怪獣絵師”の異名をとるイラストレーター・開田裕治氏「ゴジラ」

“怪獣絵師”の異名をとるイラストレーター・開田裕治氏
[拡大画像]

[映画.com ニュース]“怪獣絵師”の異名をとるイラストレーター・開田裕治氏の原画展「ART of ゴジラ」のプレス向け内覧会が3月20日、会場となる東京・銀座のチーパズギャラリーで行われ、開田氏が来場。「ゴジラ」生誕60周年を記念し、ハリウッドで製作されている「GODZILLA」(ギャレス・エドワーズ監督)について、「怪獣映画をリスペクトした仕上がりになっていれば」と期待を寄せた。

開田氏は、エドワーズ監督の前作「モンスターズ 地球外生命体」(2011)を見たといい、「怪獣映画の面白さをしっかり理解している」と太鼓判。現在公開されている予告編には「なかなか動いているゴジラを見せてくれない」と歯がゆさもあるようだが、「いろいろと情報を集めてみると、ゴジラ以外の怪獣も集まるようで楽しみ」と胸躍らせていた。

人気特撮作品の原画やビジュアルアートを手がけ、数々の怪獣を描き続けてきた開田氏。今回開催される「ART of ゴジラ」では、ゴジラを中心とした開田氏の原画を展示する他、全長1メートルを超えるジオラマ用ゴジラをはじめ、関連商品の販売も行う。

開田氏は「ゴジラが生まれて、ちょうど60年。ゴジラが大暴れした銀座で展覧会を開いていただき、とてもありがたい」と感謝の意。子どもの頃から怪獣映画に親しんできたといい、「怪獣は自然と身近にあった存在。寄り添うように成長し、そのまま大人になった(笑)。好きな怪獣? 選ぶのは難しいが、生まれて初めて見た『モスラ』のきらびやかな昭和のパノラマ絵巻が印象に残っている」と強い思い入れを語った。

「ART of ゴジラ」は3月21日から5月6日まで、MYS銀座(中央区銀座7-12-15)3階チーパズギャラリーで開催される。入場無料。

GODZILLA【60周年記念版】[Blu-ray/ブルーレイ] GODZILLA【60周年記念版】[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,756 日本を代表する特撮映画を「インディペンデンスデイ」の強力スタッフが制作したSF超大作。
モンスターズ/地球外生命体[DVD] モンスターズ/地球外生命体[DVD] 最安価格: ¥3,148 新鋭監督ギャレス・エドワーズが放つモンスター・パニック・ムービー!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • LOGAN ローガンの評論 LOGAN ローガン ヒュー・ジャックマンが17年間追い求めてきた魂の最終形がここにある
  • 20センチュリー・ウーマンの評論 20センチュリー・ウーマン 世代の違う三人の個人史として描かれる女性史。演じる女優が素晴らしい!
  • 美しい星の評論 美しい星 原作に真っ向から対峙しつつ巧みに脚色。吉田大八の永年の夢は見事に成就した
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

(有)トライワークス

「とにかく映画が好きだ!という方」「編集・取材に興味あり!という方」ぜひご...

職種編集・取材スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi