柴咲コウ、「超スーパー監督」劇団ひとりにダメ出し? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年4月14日 > 柴咲コウ、「超スーパー監督」劇団ひとりにダメ出し?
メニュー

柴咲コウ、「超スーパー監督」劇団ひとりにダメ出し?

2014年4月14日 20:17

マジックを披露した柴咲コウ、劇団ひとり、大泉洋「青天の霹靂」

マジックを披露した柴咲コウ、劇団ひとり、大泉洋
[拡大画像]

[映画.com ニュース] お笑い芸人の劇団ひとりが自身の書き下ろし小説を初監督で映画化した「青天の霹靂」のプレミア試写会が4月14日、都内のホールで行われ、劇団ひとり監督、主演の大泉洋柴咲コウが舞台挨拶に立った。

40年前にタイムスリップした売れないマジシャンの晴夫(大泉)が、生き別れたはずの両親との出会いを通じ自らの出生の秘密と向き合っていく姿を、笑いとユーモアを交えて描く。ひとり監督は、本作のマジックを監修したプロマジシャン・魔耶一星の大きな青い布から登場すると、箱の中に入って小さくなるというマジックを披露し、会場は驚嘆の声に包まれた。

初メガホンとなったひとり監督は、「右も左も分からないど素人だけど、皆さんに全力でサポートしてもらい作品が出来上がった。最初で最後の監督業だと思って、1分1秒にこだわって作った」と胸を張った。晴夫の父・正太郎役も兼ねており、「何より役者の素晴らしさ。劇団ひとりも素晴らしかった。彼は役者としてももっと売れるべきなんじゃないか」と自画自賛で笑わせた。

大泉は、「なかなか自分の出ているシーンは粗が気になって客観的に見られないもの。だけどこの作品は、映画の中で泣いている自分と同じタイミングで泣いている自分がいた。ラストに流れるミスチルの曲もたまらない。改めて劇団ひとりという才能に驚かされた」と感服。そして、「仕上がりも素晴らしい。お子さんのいる方は子どもを抱きしめたくなる映画」とアピールした。

晴夫の母・悦子役を演じた柴咲は、「初めてお仕事する監督さんで、かつ初監督なので、出る側も多少の緊張や不安があったのが正直なところ。だけど実際に現場に入るとそれは払拭された。超スーパー監督だった」と絶賛しながらも、「監督はすごく人見知りで雑談が一切なかった。そこだけがちょっと残念だった」と劇団ひとりの知られざるシャイな一面を暴露。すると、ひとり監督は「監督業でいっぱいいっぱいで、それ以外のことで緊張したくなかった。柴咲さん、自分が思っている以上にキレイですからね!」とタジタジだった。

青天の霹靂」は5月24日から公開。

安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~ Blu-ray BOX[Blu-ray/ブルーレイ] 安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~ Blu-ray BOX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥22,052 木村拓哉×柴咲コウの最強タッグによる、時空を越えた世界で繰り広げられるSFラブストーリー!
ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE[DVD] ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE[DVD] 最安価格: ¥3,019 人気バラエティ番組「ゴッドタン」が映画化!主演・川島省吾(劇団ひとり)は全編完全アドリブ演技!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi