劇団ひとり初監督作「青天の霹靂」主題歌は、Mr.Children書き下ろしの新曲 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年2月15日 > 劇団ひとり初監督作「青天の霹靂」主題歌は、Mr.Children書き下ろしの新曲
メニュー

劇団ひとり初監督作「青天の霹靂」主題歌は、Mr.Children書き下ろしの新曲

2014年2月15日 07:30

「青天の霹靂」ポスター「青天の霹靂」

「青天の霹靂」ポスター
(C)2014「青天の霹靂」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ロックバンド「Mr.Children」が、大泉洋が主演した劇団ひとりの監督デビュー作「青天の霹靂」の主題歌として、新曲「放たれる」を書き下ろしたことがわかった。

原作は、劇団ひとりが「陰日向に咲く」に続いて手がけた同名小説。自らメガホンをとり、「フリーター、家を買う。」などのドラマで知られる橋部敦子が執筆した脚本のもと映画化。売れないマジシャンが40年前にタイムスリップしたことから、出生の秘密と向き合う姿をユーモラスに描く。

Mr.Childrenのボーカル、桜井和寿は「『放たれる』というタイトルが多くを語ってしまっているかもしれないけれど、『ケージの中で傷を癒した鳥が、再び空に向かって飛び立つ瞬間』この物語を読んで、そんなイメージが沸いてきました」と楽曲を練り上げた。そして、「背負ってしまった運命。付きまとう寂しさ。拭えない悲しみ。思い通りに事が進まないもどかしさ。そんな、重く薄暗い場所にある誰かの心が、自由と明るさを取り戻す大事な場面に、ただ寄り添うだけの最良のBGMでありたい、そう願っています」と思いを込めた。

監督の劇団ひとりは「まさか受けてもらえるとは思わず、お願いした本人が一番驚いています」と感激しきりで、「映画本編よりミスチルの曲のほうが良かったと言われないように頑張ります」。川村元気プロデューサーも「人生を諦めていた男が、大切な人の愛情を知り、再生していくこの歌は、まさに『青天の霹靂』の主人公・晴夫のために捧げられた歌だと思います。心が空に放たれていく、その最後の瞬間が、素晴らしい楽曲として表現されていて映画を力強く後押ししてもらった気がします」とコメントを寄せている。

青天の霹靂」は、5月24日から全国で公開。

Mr.Children TOUR 2011 “SENSE”[Blu-ray/ブルーレイ] Mr.Children TOUR 2011 “SENSE”[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,410 アルバム『SENSE』を引っ提げて行われた全国ツアー「Mr.Children TOUR 2011 “SENSE”」から、2011年5月7日・8日・10日のさいたまスーパーアリーナ公演の模様を収録。
Mr.Children[Blu-ray/ブルーレイ] Mr.Children[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,175 Mr.Children、17作目のオリジナルアルバムを携えた、全国ツアー“Mr.Children[(an imitation)blood orange] Tour”。本作は、2013年5月12日岩手・盛岡市アイスアリーナ公演の模様を収録。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi