「ゼウスの法廷」の高橋玄監督、撮影から2年後の公開に“大人の事情”暴露を示唆 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年3月8日 > 「ゼウスの法廷」の高橋玄監督、撮影から2年後の公開に“大人の事情”暴露を示唆
メニュー

「ゼウスの法廷」の高橋玄監督、撮影から2年後の公開に“大人の事情”暴露を示唆

2014年3月8日 14:19

シネマート六本木で 封切られた「ゼウスの法廷」「ゼウスの法廷」

シネマート六本木で
封切られた「ゼウスの法廷」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ポチの告白」「GOTH」など社会派作品で知られる高橋玄監督の最新作「ゼウスの法廷」が3月8日、東京・シネマート六本木で封切られた。

撮影終了から約2年を経ての待望の初日に、高橋監督は「いろいろな“大人の事情”がありまして、2011年末から撮影して翌年春まで撮っていた。映画はお客さんに見てもらった瞬間に完成する」と感慨深げ。「この手の映画は『永遠の0』のようなでかい宣伝はできない。見た人がインターネットなどで広めてくれるのが生命線です」と初回上映後の観客に訴えた。

婚約者の男が裁判官、女が過失致死の被告として対じする法廷ドラマ。主演の小島聖塩谷瞬はスケジュールの都合で欠席したが、弁護士役の野村宏伸も「やっと見ていただける日がきて感激している。本当に幸せ。できるだけ多くの人に見てもらいたいので、宣伝に協力して」と呼びかけ、観客にも写真撮影を許可するサービスを見せた。

また、高橋監督はラストシーンの描写についてリアリティに欠けるとの指摘があることを明かし、ネタバレこそ避けたものの「法廷に刃物は持ち込めないはずと言われたが、こっちが勝手に思っているだけ。金属探知機があるのも東京地裁くらいで、持ち込めるんですよ。そんな裏事情は申しませんが、私のことだからいずれ話しちゃうかも」と過激発言を示唆した。

この日はほかにも川本淳市吉野紗香風祭ゆき出光元らキャスト7人が集結するにぎやかな舞台挨拶。出光は、昨日行われた日本アカデミー賞を引き合いに出し、「来年の日本アカデミー賞では、主役以外、全員で賞を取りましょう」と意気揚々と語っていた。

ゼウスの法廷」は、高橋監督によるオリジナル脚本。多忙な裁判官の仕事とのすれ違い生活に不安を感じ始めた地方公務員の恵が、かつての恋人と浮気。密会を重ねるうちに事故で元恋人を死なせてしまったことから、逮捕、起訴される。婚約者はその裁判を担当することを志願し、法廷で真実、そして愛の深さを確かめ合っていく。

GOTH[DVD] GOTH[DVD] 最安価格: ¥4,162 カリスマ的人気作家・乙一のベストセラーを映画化!監督:高橋玄
ポチの告白[DVD] ポチの告白[DVD] 最安価格: - 日本の警察犯罪事件の数々の実例をモデルに、良識ある巡査が警察の犯罪機構に巻き込まれながら悪徳に染まり、やがて自滅するまでを描いた社会派エンターテインメント大作。監督:高橋玄

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi