実写版「魔女の宅急便」海外配給が決定 主演・小芝風花は感激の涙 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年3月1日 > 実写版「魔女の宅急便」海外配給が決定 主演・小芝風花は感激の涙
メニュー

実写版「魔女の宅急便」海外配給が決定 主演・小芝風花は感激の涙

2014年3月1日 15:20

感激の涙を流す小芝風花「魔女の宅急便」

感激の涙を流す小芝風花
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 角野栄子氏の人気児童文学を初めて実写映画化した「魔女の宅急便」が3月1日、全国281スクリーンで封切られた。東京・新宿バルト9で行われた初日舞台挨拶では、本作の海外配給決定が発表された。

配給の東映によれば、現在までに4月17日の香港公開を皮切りに、台湾、シンガポール、インドネシア、ベトナム、ドイツ、スペインでの公開が決まっており「他地域についても、交渉を進めている」という。この吉報に、キキ役の小芝風花は「本当にありがたいことで、胸いっぱい。日本の大自然を世界の皆さんに“お届け”できるのはうれしい」と感激の涙を流していた。

映画は一人前の魔女になるため修行の旅に出た13歳のキキが、たどり着いた海辺の町で、お届け屋「魔女の宅急便」の仕事を通して、人々とふれあい経験を重ねるファンタジー。舞台挨拶には小芝をはじめ、パン屋の女主人を演じる尾野真千子、とんぼ役の広田亮平清水崇監督が登壇。尾野は「本当にキラキラしている。私も15歳でこの世界にデビューさせていただいたが、こんなに輝いていなかった(笑)」と映画初主演の小芝にほれぼれしていた。

また、広田はとんぼ役として、同世代の小芝と息の合った演技を披露しており「とんぼ兄ちゃんは、皆に愛される“いじられキャラ”。(俳優として)大先輩ですが、私もたくさんいじっちゃいました」(小芝)、「僕が1つ年上で、撮影に入る前に『タメ口でいいよ』って言ったんですが……。言わなきゃよかった」(広田)と壇上でも名コンビぶりを見せていた。

メガホンをとった清水監督は「小芝さんと広田くんという10代のふたりをいかに魅力的に描くかを意識した」といい、「その分、尾野さんに関してはお任せする部分も多くて。僕が若いふたりばかり構っていたので、尾野さんが僕のサンダルに落書きをしてきた(笑)」と裏話を披露していた。この日はキキの相棒・黒猫のジジを演じる声優の寿美菜子も駆けつけた。

魔女の宅急便[Blu-ray/ブルーレイ] 魔女の宅急便[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,434 見習い魔女の女の子が出会いや別れ、挫折などを乗り越えて成長していく姿を描いた、宮崎駿監督が贈る名作アニメがBlu-ray化!
スケート靴の約束 ~名古屋女子フィギュア物語~[DVD] スケート靴の約束 ~名古屋女子フィギュア物語~[DVD] 最安価格: ¥3,036 フィギュアスケートをモチーフにした、脚本家・鎌田敏夫書き下ろしの家族ドラマ。出演:小芝風花

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi