堀北真希、「麦子さんと」で始まり締めくくった2013年は漢字1字で「楽」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年12月21日 > 堀北真希、「麦子さんと」で始まり締めくくった2013年は漢字1字で「楽」
メニュー

堀北真希、「麦子さんと」で始まり締めくくった2013年は漢字1字で「楽」

2013年12月21日 15:20

「麦子さんと」初日挨拶に出席した(左から) 余貴美子、松田龍平、堀北真希、吉田恵輔監督「麦子さんと」

「麦子さんと」初日挨拶に出席した(左から)
余貴美子、松田龍平、堀北真希、吉田恵輔監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の堀北真希が12月21日、主演映画「麦子さんと」の初日舞台挨拶を共演の松田龍平余貴美子吉田恵輔監督とともに東京・テアトル新宿で行った。今年は1月に同作の撮影で始動し、「麦子さんで始まって、麦子さんで締めくくれる1年になりました。心温まるストーリーなので、皆さんの心があったまってくれたらうれしいです」と笑顔で話した。

ほかにも今年は舞台「二都物語」や主演ドラマ「ミス・パイロット」など充実した1年を過ごし「珍しく長く感じた1年でした」と述懐。今年を漢字1字で表すことを求められると、「楽」としたため「いろいろな経験をさせてもらって、とても楽しくお仕事ができました。来年も前向きに楽しくお仕事ができたらいい」とさらなる意欲を見せた。

一方、堀北の兄を演じた松田が表現した今年は「縁」。主演映画「舟を編む」で各映画賞の主演男優賞を続々と受賞しているが、その理由を聞かれると「この字に決めて、一巡りしたら何でこれだったか忘れちゃった。まあ、いい出会いがあったなあって感じだったと思う」とひょうひょうと語り、笑いを誘った。

2人は初共演だったが、堀北は「初めましてで集まって家族になるのは難しいことだけれど、自然な形で麦子とお兄ちゃんの空気感ができ上がった。いつも自然体で、それが素敵」と絶賛。だが、松田は「あまりしゃべってないんですけれど、ちょっと空気感が怖いというかしゃべりかけづらい。でも急にかわいい笑顔を見せてくれるので、つい気になっちゃう人」とそっけなかった。

堀北が「おしゃべりしましたよね」と食い下がっても、「そうでしたっけ?」とおとぼけ。さらに松田は「おはようって言うとそっけなかったりするけれど、日が昇ってあったかくなるとニコニコしてきた」と撮影中のエピソードを明かすと、堀北は「冬の撮影でエンジンがかからなかったからです」と照れながら釈明した。

そんな2人の母親役の余が、「2人とも低血圧で、まったりした感じだったけれど、それが親子や兄妹の感じそのままで良かった」とフォロー。そして、「堀北さんはかわいいし、松田くんは格好いいし、この2人が私の子どもだったらひともうけできそう」と本音!? を吐露し会場を大爆笑させていた。

麦子さんと」は、吉田監督が自身の母親をイメージし約8年間、構想を温めてきた意欲作。幼少の頃に出て行った母親が突然舞い戻ってきたが急逝。納骨のため母親の故郷に向かった麦子が、初めてその人となりを知って成長していく姿を描く。

県庁おもてなし課 コレクターズ・エディション[DVD] 県庁おもてなし課 コレクターズ・エディション[DVD] 最安価格: ¥1,080 高知県庁に実在する「おもてなし課」を舞台に、職員たちが高知の観光振興のためひた走る姿を描く。出演:堀北真希
堀北真希 Castella DVD[DVD] 堀北真希 Castella DVD[DVD] 最安価格: ¥1,703 映画やドラマなどで活躍する堀北真希の素顔の魅力が詰まったイメージ映像作品。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi