堀北真希主演作を彩る「赤いスイートピー」 吉田恵輔監督の長年の思いが結実 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年12月6日 > 堀北真希主演作を彩る「赤いスイートピー」 吉田恵輔監督の長年の思いが結実
メニュー

堀北真希主演作を彩る「赤いスイートピー」 吉田恵輔監督の長年の思いが結実

2013年12月6日 09:00

「赤いスイートピー」が挿入歌となる映画「麦子さんと」「麦子さんと」

「赤いスイートピー」が挿入歌となる映画「麦子さんと」
(C)「麦子さんと」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 堀北真希主演の映画「麦子さんと」に、松田聖子の名曲「赤いスイートピー」が映画挿入歌として初めて使用されている。同曲が流れる予告編が解禁された折にも話題を集めたが、この楽曲提供が実現した秘話と、堀北が同曲を歌っている劇中カットが明かされた。

麦子さんと」は、「純喫茶磯辺」「さんかく」などで注目を集め、来春公開の話題作「銀の匙 Silver spoon」でもメガホンをとる新鋭・吉田恵輔監督が、自身の亡き母への思いを込めて描いたオリジナル長編作品。アニメ好きのオタク女子・麦子(堀北)と、麦子を捨てたはずの母(余貴美子)との絆を描いたハートフルドラマで、劇中、堀北演じる麦子が「赤いスイートピー」を披露する場面がある。

同曲が提供された裏側には、吉田監督の「この曲以外では『麦子さん』は撮れない!」という熱い思いがあったからだという。吉田監督は脚本の第一稿を書きあげた時から、すでに「赤いスイートピー」の使用を熱望しており、長年温めてきた思いが結実した格好だ。撮影中も、堀北が「赤いスイートピー」を披露するシーンでは、実際に曲を流しながらの撮影を敢行。さらに吉田監督の同曲へのリスペクトを表現するため、撮影用台本の最終ページに歌詞を全掲載した。

「赤いスイートピー」は、松任谷由実が呉田軽穂名義で作曲し、松田聖子へ提供した楽曲。松任谷といえば、今年は「風立ちぬ」に「ひこうき雲」(荒井由美名義)が起用されて話題となったが、「赤いスイートピー」も徳永英明綾瀬はるからによりカバーされ、歌い継がれている名曲だ。吉田監督の積年の思いが込められた同曲がスクリーンを彩る「麦子さんと」は、12月21日から公開される。

県庁おもてなし課 スタンダード・エディション[DVD] 県庁おもてなし課 スタンダード・エディション[DVD] 最安価格: ¥3,000 有川浩の小説を、三宅喜重監督と脚本家・岡田惠和の再タッグで映画化。
梅ちゃん先生 完全版 DVD-BOX 1[DVD] 梅ちゃん先生 完全版 DVD-BOX 1[DVD] 最安価格: - 3人兄妹の末っ子・下村梅子が様々な経験を経て、地域の人々に支えられながら町医者となり高度経済成長期を生きていく姿を描くドラマ。出演:堀北真希

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi