「ゼロ・グラビティ」最新設備を導入したTOHOシネマズららぽーと船橋で一般初披露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年11月21日 > 「ゼロ・グラビティ」最新設備を導入したTOHOシネマズららぽーと船橋で一般初披露
メニュー

「ゼロ・グラビティ」最新設備を導入したTOHOシネマズららぽーと船橋で一般初披露

2013年11月21日 13:04

「ゼロ・グラビティ」の場面写真(上)と TOHOシネマズららぽーと船橋(下)「ゼロ・グラビティ」

「ゼロ・グラビティ」の場面写真(上)と
TOHOシネマズららぽーと船橋(下)
(C)2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 全世界での興行収入が5億ドルを突破した「ゼロ・グラビティ」(アルフォンソ・キュアロン監督作)が11月19日、千葉・南船橋のTOHOシネマズららぽーと船橋で、一般試写として国内最速で3D上映された。無重力(ゼロ・グラビティ)空間に放り出された宇宙飛行士の孤独なサバイバルを描く超大作。TCXと呼ばれる大型スクリーンと、ドルビーが提供する最新の音響システム「ドルビーアトモス」を日本で初めて導入した同劇場での“宇宙体験”に、駆けつけた映画ファンは興奮しきりだった。

映画は船外活動中の宇宙ゴミ襲来によって、漆黒の無重力空間に放り出されてしまった女性宇宙飛行士が、次々と襲いかかるピンチを切り抜けながら、地球への帰還を目指すというストーリー。最新のVFX技術を駆使したスペクタクル映像をはじめ、魂の再生を訴える普遍的なメッセージが多くの共感を集め、早くも「アカデミー賞最有力」との呼び声が上がっている。

11月22日のグランドオープンを控えるTOHOシネマズららぽーと船橋は、画面サイズを約120%拡大させた独自規格のラージスクリーン・TCX(TOHO CINEMAS EXTRA LARGE SCREEN)、そして、客席の天井にサラウンドスピーカーを増設し、より自然に“360度全方位サラウンド”を実現する「ドルビーアトモス」を国内で初導入。壁一面に広がる大型スクリーンと、劇場全体を包み込む音響の相乗効果は、宇宙空間を舞台にした「ゼロ・グラビティ」の世界観をさらに際立たせた。

冒頭には衛星軌道上に浮かぶスペースシャトルを中心とした船外作業から、宇宙ゴミが襲来し、主人公がはじき飛ばされる様子をとらえるという驚異的な“長回し”シーンがあり、客席の緊張感は早くもピークに。上映後の観客は「宇宙の恐ろしさを知りました」(20代男性)、「宇宙ゴミの破片が飛んでくるシーンで、思わず目をつむってしまった」(20代男性)、「自分自身が宇宙空間をぐるぐる回っている感覚。あっという間の体験だった」(40代女性)、「出演者が2人(サンドラ・ブロックジョージ・クルーニー)だけというのが斬新」(40代女性)と、未知の映像体験になかば放心状態だった。

ゼロ・グラビティ」は12月13日から全国で3D/2D同時公開。

トゥモロー・ワールド プレミアム・エディション[DVD] トゥモロー・ワールド プレミアム・エディション[DVD] 最安価格: ¥2,871 4度の英国推理作家協会賞に輝くイギリス・ミステリー界の女王、P.D.ジェイムズの原作をアルフォンソ・キュアロン監督が完全映画化!
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 特別版[DVD] ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 特別版[DVD] 最安価格: - J.K.ローリング原作のベストセラー小説を映画化したシリーズ第3弾。監督:アルフォンソ・キュアロン

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi