吉高由里子、朝ドラは「正念場」 来年放送「花子とアン」の山梨ロケがスタート : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年11月21日 > 吉高由里子、朝ドラは「正念場」 来年放送「花子とアン」の山梨ロケがスタート
メニュー

吉高由里子、朝ドラは「正念場」 来年放送「花子とアン」の山梨ロケがスタート

2013年11月21日 13:49

山梨ロケに初参加した吉高由里子「赤毛のアン」

山梨ロケに初参加した吉高由里子
[拡大画像]

[映画.com ニュース]平成26年度前期連続テレビ小説「花子とアン」(2014年3月31日スタート)に主演する女優の吉高由里子が11月21日、山梨県甲府市郊外で行われたロケに初参加し、「自分にとっては正念場。怖いし不安だし、心が縮こまっている。自信はまだございません」と“朝の顔”になる率直な心境を吐露。それでも「クランクインしたからには、開き直ってやるしかない」と豪快な吉高節で気持ちを高めていた。

モンゴメリーの「赤毛のアン」の翻訳者として知られる村岡花子さんの半生記を描く朝ドラ第90作目。花子さんの孫にあたる村岡恵理氏が出版した「アンのゆりかご 村岡花子の生涯」を原案に、吉高演じるヒロイン・花子が東京の女学校で英語を学び、故郷・山梨での教師生活を経て、翻訳家の道へ進む波乱万丈を描く。

吉高は前日の11月20日にクランクインし、早速53歳の花子を演じたといい「これから10カ月の長い撮影で、すてきな思い出がたくさん残れば」と決意も新た。撮影を前に、英語や着付けのレッスンに励むほか、甲州弁についても「これからしっかり練習していきたい」と意欲を見せた。

この日は、5年ぶりに帰郷した花子が、家族の厳しい生活に触れながら「はなにしかできないことを」という家族の期待を背負い、再び東京に戻るシーンが収録され、吉高をはじめ、室井滋(花子の母・安東ふじ)、石橋蓮司(花子の祖父・安東周造)、賀来賢人(花子の兄・安東吉太郎)、黒木華(花子の妹・安東かよ)、窪田正孝(花子の幼なじみ・木場朝市)が参加。また子役の山田望叶ちゃんが、花子の子ども時代を演じることが発表された。

ロケ地となっている甲府市郊外には当時の資料をもとに、花子が10歳まで育った、かやぶき屋根の生家のオープンセットが建てられた。今後、山梨県内では甲府市をはじめ、甲州市・勝沼、韮崎市、甲斐市、北杜市でロケが行われる予定だ。

横道世之介【スペシャル版】[Blu-ray/ブルーレイ] 横道世之介【スペシャル版】[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 吉田修一による“青春小説の金字塔”を、沖田修一監督が高良健吾、吉高由里子ら豪華俳優陣と映画化!
白い春 DVD-BOX[DVD] 白い春 DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥9,850 究極の親子愛をテーマに、不器用ながらも娘を愛する姿をユーモラスに描くヒューマンドラマ。出演:吉高由里子

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi