仲間由紀恵、16年ぶり朝ドラ出演 「花子とアン」でヒロイン吉高の親友役 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年9月18日 > 仲間由紀恵、16年ぶり朝ドラ出演 「花子とアン」でヒロイン吉高の親友役
メニュー

仲間由紀恵、16年ぶり朝ドラ出演 「花子とアン」でヒロイン吉高の親友役

2013年9月18日 14:52

朝ドラで共演する吉高由里子と仲間由紀恵「赤毛のアン」

朝ドラで共演する吉高由里子と仲間由紀恵
[拡大画像]

[映画.com ニュース]NHKは9月18日、吉高由里子が主演する平成26年度前期連続テレビ小説「花子とアン」(2014年3月31日スタート)に出演するキャストを発表した。モンゴメリーの「赤毛のアン」の翻訳者として知られる村岡花子さんの半生記を描く朝ドラ第90作目。女優の仲間由紀恵が、花子の生涯の友・葉山蓮子役で「天うらら」以来、16年ぶりとなる朝ドラ出演を果たすことがわかった。

花子さんの孫にあたる村岡恵理氏が出版した「アンのゆりかご 村岡花子の生涯」を原案に、吉高演じるヒロイン・花子が東京の女学校で英語を学び、故郷・山梨での教師生活を経て、翻訳家の道へ進む波乱万丈を描く。脚本を手がけるのは「ハケンの品格」の中園ミホ氏。

仲間演じる蓮子は、ヒロイン花子より8歳上の、伯爵家の娘という役どころ。女学校で出会った花子と意気投合し、恋や文学について語り合う一方、生涯3度の結婚をし、世間を騒がせるという役どころだ。仲間は「大変な時代に、すごい人生をおくった女性。良き友として、花子さんと心を通わせながら、楽しい朝ドラを作っていければ」と抱負を語った。

初共演となる吉高については「元気いっぱいで、助けていただくことも多くなりそう」と期待を寄せ、吉高も「きれいなお姉さん、好きです……(笑)。まさか親友役でご一緒するとは思っていなかったが、甘えてしまうこともありそう」と早速“相思相愛”ぶりを披露していた。

会見では仲間に加えて、伊原剛志(花子の父・安東吉平)、室井滋(花子の母・安東ふじ)、石橋蓮司(花子の祖父・安東周造)、賀来賢人(花子の兄・安東吉太郎)、黒木華(花子の妹・安東かよ)、土屋太鳳(花子の妹・安東もも)、窪田正孝(花子の幼なじみ・木場朝市)、松本明子(朝市の母・木場リン)、カンニング竹山(地主・徳丸甚之介)、浅田美代子(女学校の寮母・茂木のり子)、ともさかりえ(女学校の英語教師・富山タキ)、鈴木亮平(花子の夫・村岡英治)らの出演が発表された。

会見には豪華な共演陣が勢ぞろいし、吉高は「ようやく事の重大さに気づいた。今は緊張感で、息をするだけで肺がちぎれそう(笑)」と“吉高節”で心境を語り、「ご迷惑をかけると思うが、時間と体力、気持ちが許される限りぶつかり合って『そうさ、僕らが朝の顔さ』と堂々といえるように頑張りたい」と抱負を新たにしていた。

横道世之介[DVD] 横道世之介[DVD] 最安価格: ¥3,175 吉田修一による“青春小説の金字塔”を、沖田修一監督が待望の映画化!高良健吾、吉高由里子ら豪華俳優陣が集結!
はつ恋 DVD-BOX[DVD] はつ恋 DVD-BOX[DVD] 最安価格: - 誰しも甘美な思いにとらわれる初恋。 でも、「はつ恋」のヒロイン、緑にとってそれは人生を絶望に陥れた、二度と思い出したくない過去。そして、今、緑の命を救えるのはただ一人。初恋の人。40歳を過ぎた男女の再会から始まる恋模様を美しく、狂おしく描く。脚本:中園ミホ

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi