奥田瑛二「今日子と修一の場合」初日に感無量も、安藤サクラが「見たことがないくらい緊張」と父思いの暴露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年10月5日 > 奥田瑛二「今日子と修一の場合」初日に感無量も、安藤サクラが「見たことがないくらい緊張」と父思いの暴露
メニュー

奥田瑛二「今日子と修一の場合」初日に感無量も、安藤サクラが「見たことがないくらい緊張」と父思いの暴露

2013年10月5日 14:15

「今日子と修一の場合」初日挨拶に出席した (左から)安藤サクラ、奥田瑛二監督、柄本佑「今日子と修一の場合」

「今日子と修一の場合」初日挨拶に出席した
(左から)安藤サクラ、奥田瑛二監督、柄本佑
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の奥田瑛二が10月5日、監督第5作「今日子と修一の場合」の初日舞台挨拶を、主演で次女の安藤サクラ、その夫の柄本佑らとともに東京・新宿ピカデリーで行った。

東日本大震災の8カ月後に被災地の宮城・南三陸町を訪れた際に衝撃を受け、その帰路でストーリーを考えわずか1カ月後には同作の撮影に入ったという意欲作。奥田は、「初日はドキドキものです。今までの作品より特に、特に、心配で心配で心配な作品でした」と待望の初日にも神妙な面持ちだ。

2007年公開の女優デビュー作「風の外側」以来の父の監督作への出演となった安藤は、「(デビュー作の撮影から)7年の間で何らかの力になれないと出たくないという気持ちがあった。初めて、初日の前日に寝られなかった」と吐露。そして、「最初は自分がやるとは思わず家族、娘として見ていたから、現場でもソワソワしていた。やっぱりこういう関係(親子)だから、つらい部分は多々ありましたね」と振り返った。

柄本は奥田とよく酒を飲む機会があり、「普段は陽気に踊ったりするけれど、そんな姿は微じんもなくドッシリ構えてスタッフ、キャストをまとめていた」と評価。さらに、「同じ方向を向かせてもらえた。監督が中心にいたからこそ、この作品ができ上がったと思う」と義理の父を持ち上げた。

だが、小篠恵奈が「私には厳しく、すごく怒られた記憶があります。何回か泣かされました」と暴露。奥田は、「今回ほど優しい現場はないと自負している。小篠さんを思えばこそ」と弁解したが、安藤が司会者に「若い女の子が好きなんですよ」と告げ口すると、苦笑いを浮かべた。

それでも、「特別な準備をせず、撮るものが、撮るべき心がそこにあった作品。これだけの素晴らしい俳優が集まってくれたのが最大の喜び」と殊勝な挨拶に終始した奥田。安藤も、「見たことがないくらい緊張しているんですよ。触るとビビッてするくらい」とちゃかしながらも、背中をさすってリラックスさせようとするなど父親思いのところを見せていた。

今日子と修一の場合」は、東北で生まれ東京で必死に生きる今日子と修一が、東日本大震災を経て、故郷に残した家族への思いを募らせながら人生を見つめなおしていく姿を描く。

風の外側[DVD] 風の外側[DVD] 最安価格: ¥3,918 奥田瑛二監督が描く、人間の愛と夢を見つめた珠玉のラブストーリー。PG-12指定作品。
ペタル ダンス[Blu-ray/ブルーレイ] ペタル ダンス[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,132 美しく舞う“ペタル(花びら)”のように、女優たちが鮮やかに織り成す珠玉のアンサンブル。出演:安藤サクラ

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi