奥田瑛二監督×安藤サクラ×柄本佑、震災題材に再生を描いた新作予告公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年9月3日 > 奥田瑛二監督×安藤サクラ×柄本佑、震災題材に再生を描いた新作予告公開
メニュー

奥田瑛二監督×安藤サクラ×柄本佑、震災題材に再生を描いた新作予告公開

2013年9月3日 08:00

「今日子と修一の場合」のポスター「今日子と修一の場合」

「今日子と修一の場合」のポスター
(C)ZERO PICTURES
[拡大画像]

[映画.com ニュース]俳優・奥田瑛二が「風の外側」(2007)以来、約6年ぶりにメガホンをとった監督第5作「今日子と修一の場合」の予告編が、このほど公開された。

奥田監督が、東日本大震災を題材にしたオリジナル脚本で、南三陸町出身の男女が心の拠りどころを失い、過去の罪を背負いながらも再生に向かう姿を描く。第37回モントリオール世界映画祭フォーカス・オン・ワールドシネマ部門に、正式出品されたことでも知られている。

奥田監督の実娘で女優の安藤サクラと、安藤の夫で俳優の柄本佑が夫婦共演し、家族との幸せのため他人に体を許してしまった女性、母親を守るため酒におぼれる父親を殺害した青年を熱演。和田聰宏小篠恵奈和音匠、田部周、カンニング竹山、宮崎美子平田満ら個性豊かな俳優陣が脇を固める。

保険外交員の今日子は、家族との幸せな時間を取り戻すため上司と関係を持つが、逆に家族から非難され故郷を追われる。同じころ、浪人生の修一は父親殺害の刑期を終え、東京の町工場で働き始めていた。故郷・南三陸町を離れ、新たな生活を始めたふたりは、東京で大震災に直面する。予告編は、演技派として知られる安藤と柄本が、居場所を失ってしまった男女を演じ、震災という絶望のなかで希望を見出す姿を映し出す。

奥田監督は、本作について「震災を描いたつもりはないんです。家族の問題、血の問題、故郷に対する思い……心の津波のようなものを表現しようと思っていました」と説明。「どんな絶望も人を苦しめ続けることはできない」という強いメッセージを込めた。

今日子と修一の場合」は、10月5日から全国で公開。

風の外側[DVD] 風の外側[DVD] 最安価格: ¥3,959 奥田瑛二監督が描く、人間の愛と夢を見つめた珠玉のラブストーリー。PG-12指定作品。
ペタル ダンス[DVD] ペタル ダンス[DVD] 最安価格: ¥3,442 CMディレクターとしても活躍する石川寛が、『好きだ、』からおよそ7年ぶりに放つ劇映画監督作の第3弾。出演:安藤サクラ

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi