比嘉愛未、初の主演作「飛べ!ダコタ」全国封切りに胸がいっぱい : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年10月5日 > 比嘉愛未、初の主演作「飛べ!ダコタ」全国封切りに胸がいっぱい
メニュー

比嘉愛未、初の主演作「飛べ!ダコタ」全国封切りに胸がいっぱい

2013年10月5日 14:25

「飛べ!ダコタ」初日挨拶に登壇した比嘉愛未ら「飛べ!ダコタ」

「飛べ!ダコタ」初日挨拶に登壇した比嘉愛未ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の比嘉愛未が10月5日、東京・新宿のシネマスクエアとうきゅうで行われた主演作「飛べ!ダコタ」の初日舞台挨拶に登壇した。比嘉にとっては初の主演作で「ついに夢がかない、胸がいっぱいです。何より初めての主演映画が、この作品で良かったと幸せに思う」と感無量の面持ちだった。

映画は実話をもとに、終戦直後の新潟県・佐渡島に不時着したイギリス空軍機の乗組員と地元住民の交流を描いたヒューマンドラマ。同日、全国23スクリーンで封切り。極寒の佐渡島でオールロケが敢行され、9月7日から新潟県で先行上映された。比嘉は「日本人の思いやりと絆を感じてもらえるはず。撮影は厳しい寒さだったが、厳しいからこその本気と自然の美しさを感じてもらえれば」とアピールしていた。

舞台挨拶には比嘉をはじめ、共演する窪田正孝柄本明、ベンガル、本作が初メガホンとなる油谷誠至監督が出席。やはり、佐渡島で経験した寒さが印象深いようで「僕の役者人生の中でも、一、二を争う寒さだった」(窪田)、「風が強くて、砂や小石が体に当たって……。でも、厳しい自然が映画に味方してくれた」(柄本)と述懐。劇中のキャラクターには実在の人物も多いといい、ベンガルは「念頭に置いたのは、モデルになっている方を傷つけないこと」と役作りを語った。

完成に足かけ2年を費やした油谷監督は「感無量です。ここにいる皆さんをはじめ、協力いただいた佐渡の皆さんを代表し、うれしく思う」と挨拶。「寒さも含めて、つらい思いを乗り越えてやったかいがあった。日本人の優しさと思いやりを盛り込んだ、現代にも通じる本当にいい作品。皆の気持ちが焼きついている」と誇らしげだった。

コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命[DVD] コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命[DVD] 最安価格: ¥18,468 この国には、もっと救える命がある。究極の医療をテーマとした、ドラマ「コード・ブルー」が遂にDVD化!出演:比嘉愛未
連続テレビ小説 どんど晴れ 完全版 DVD-BOX1[DVD] 連続テレビ小説 どんど晴れ 完全版 DVD-BOX1[DVD] 最安価格: ¥11,417 2007年4月から放送、NHK朝の連続テレビ小説「どんど晴れ」の第1週「わたし女将になります」から第8週「失意の帰郷」までを収録した完全版BOX第1弾。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi