ショーン・ヤング「ブレードランナー」続編ボイコットを呼びかけ? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年8月20日 > ショーン・ヤング「ブレードランナー」続編ボイコットを呼びかけ?
メニュー

ショーン・ヤング「ブレードランナー」続編ボイコットを呼びかけ?

2013年8月20日 16:00

奇行ばかりが取りざたされるショーン・ヤング「ブレードランナー」

奇行ばかりが取りざたされるショーン・ヤング
写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 1982年のSF映画「ブレードランナー」でレプリカントのレイチェルを演じた米女優ショーン・ヤングが、現在進行中の続編企画について言及した。

ヤングは、最新作「Jug Face(原題)」のプロモーションで米エンターテインメント・ウィークリー誌のインタビューを受けた際に、「ブレードランナー」続編への関与について聞かれた。すると、「(続編を製作する)アルコンの人たちに会ったけど、私に対する出演オファーはなかった。だから(続編の監督を務める)リドリー・スコットのオフィスに電話をかけたんだけど、折り返し電話してこないわね」とこれまでの経緯を説明した。

そして「私としては、続編に私を出演させないのなら、みんな作品をボイコットするべきだと思っている。だって私を出さないなんて馬鹿げている。まったく馬鹿げた話。それが私の意見ね」と息巻いた。

ブレードランナー」で鮮烈な印象を残したヤングだが、その後のキャリアは低迷している。度重なる降板劇(解雇)やアルコール依存症、元恋人ジェームズ・ウッズへのストーカー行為、そしてアカデミー賞を含む映画賞授賞式のパーティに招待されていないにもかかわらず侵入しようとするなど、その奇行ばかりが取りざたされるようになってしまった。

ちなみに、ヤングのスコット監督への執着は「ブレードランナー」続編にとどまらず、その後さらに「プロメテウス」にも言及。同作のシャーリーズ・セロンが本当につまらなそうに役を演じていたように見えたといい、「あの役は私が演じるべきだった。そうすれば『ブレードランナー』のファンに対しても、(リドリーが)またショーンを起用しているよ、という目配せになったのに」と話したという。

約2年前に企画が立ち上がった「ブレードランナー」続編は、今年6月に「グリーン・ランタン」のマイケル・グリーンが新たに脚本家として起用されている。

『ブレードランナー』製作25周年記念 アルティメット・コレクターズ・エディション・プ...[DVD] 『ブレードランナー』製作25周年記念 アルティメット・コレクターズ・エディション・プ...[DVD] 最安価格: - P・K・ディックの『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』を原作に、近未来を舞台に展開するアンドロイドたちの物語を描いたSFサスペンス。出演:ショーン・ヤング
エース・ベンチュラ[Blu-ray/ブルーレイ] エース・ベンチュラ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,189 ジム・キャリー扮するペット専門探偵士が、誘拐されたイルカを追って大奮闘する爆笑アクションコメディ。コートニー・コックス、ショーン・ヤングほか出演。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi