リドリー・スコット監督「ブレードランナー」デッカードはレプリカントと明言 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年10月15日 > リドリー・スコット監督「ブレードランナー」デッカードはレプリカントと明言
メニュー

リドリー・スコット監督「ブレードランナー」デッカードはレプリカントと明言

2012年10月15日 18:00

「ブレードランナー」の続編について語ったリドリー・スコット「ブレードランナー」

「ブレードランナー」の続編について語ったリドリー・スコット
写真:Newscom/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] リドリー・スコット監督が、SF映画の金字塔と賞賛される1982年の自作「ブレードランナー」の続編について語った。

フィリップ・K・ディックの小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」をハリソン・フォード主演で映画化した「ブレードランナー」は、惑星移住が可能になった未来を舞台に、ネクサス6型のレプリカント=人造人間が謀反を起こして地球に侵入。レプリカント専門の捜査官“ブレードランナー”のデッカード(フォード)が、彼らを追跡するさまを描き、ファンの間ではこのデッカードが人間なのかレプリカントなのかをめぐり、熱い議論が繰り広げられてきた。

このほど英メトロ紙のインタビューに応じたスコット監督は、昨年から伝えられている「ブレードランナー」続編製作について事実だと認め、「ハリソン・フォードが出るか? それはまだ分からない。彼が年を取りすぎているか? 彼はネクサス6だから、どれくらい生きられるんだろうね(笑)」とコメント。これにより、デッカードがレプリカントであることが明らかになった。

ブレードランナー」の続編は、前作を手がけた脚本家ハンプトン・ファンチャーが再び執筆する。

ブレードランナー ファイナル・カット 製作25周年記念エディション[Blu-ray/ブルーレイ] ブレードランナー ファイナル・カット 製作25周年記念エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 2019年のロサンゼルスを舞台に、人間を殺したために解体処分が下された“レプリカント”と、それを追うレプリカント専門の賞金稼ぎ“ブレードランナー”を描くSF映画の金字塔的作品。製作25周年を記念し、リドリー・スコット監督自らが当時思い描いた世界を、未公開シーンの追加やディティールの修正などで再現した再編集バージョン。脚本:ハンプトン・ファンチャー、出演:ハリソン・フォード
プロメテウス エボリューション・ブルーレイ・コレクション<9枚組...[Blu-ray/ブルーレイ] プロメテウス エボリューション・ブルーレイ・コレクション<9枚組...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥10,670 『エイリアン』の原点―。全ての謎が明らかに!リドリー・スコットが挑んだ新たなSF金字塔!!決して触れてはならなかった<人類の起源>の謎。その真実に迫る時、人類滅亡の危機のカウントダウンが始まり、すべての謎が解き明かされる…。監督:リドリー・スコット

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi