日本で初めてモヒカン刈りにした81歳の芸術家を追うドキュメンタリーが公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年8月7日 > 日本で初めてモヒカン刈りにした81歳の芸術家を追うドキュメンタリーが公開
メニュー

日本で初めてモヒカン刈りにした81歳の芸術家を追うドキュメンタリーが公開

2013年8月7日 08:00

「キューティー&ボクサー」ポスタービジュアル「キューティー&ボクサー」

「キューティー&ボクサー」ポスタービジュアル
(C)2013 EX LION TAMER, INC. All rights reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース]ニューヨーク在住40年、“ボクシング・ペインティング”で知られる81歳の現代芸術家・篠原有司男とその妻を追い、今年のサンダンス映画祭ドキュメンタリー部門監督賞を受賞した「キューティー&ボクサー」が、12月に公開される。

“ギュウちゃん”と呼ばれ、日本で初めてモヒカン刈りにした篠原。創作に人生を捧げた反骨精神あふれる活動は、生前の岡本太郎に「ひたむきなベラボウさ」と評され、80歳を超えた今も当時のスピリットそのままに、ひた走っている。美術学生時代にニューヨークで篠原と出会い、結婚した乃り子は、妻、母、アシスタントという立場を超え、夫婦のカオスに満ちた40年の歴史を、自分の分身であるヒロイン“キューティー”に託してドローイングを綴り、夫婦による二人展を企画した。

HBOなどでキャリアを積んだ29歳のザッカリー・ハインザーリング監督が、夫婦に魅了され4年の歳月をかけて密着、初の長編デビュー作となった。愛、犠牲、よろこび、痛み、情熱、失望、老い、そしてアートという永遠のテーマと闘い続けるふたりを描く、ラブストーリーでもある。松本人志監督作「さや侍」をはじめ、世界を舞台に活躍する清水靖晃が音楽を担当。北米ではワインスタイン・カンパニー配給で8月から限定的に一般公開される。

キューティー&ボクサー」は、12月シネマライズほか全国順次公開。日本公開にあたり、作品展の同時期開催も企画されている。

岡本太郎「明日の神話」再生への軌跡[DVD] 岡本太郎「明日の神話」再生への軌跡[DVD] 最安価格: ¥2,313 岡本太郎が制作した、縦5.5メートル、横30メートルの巨大壁画「明日の神話」の再生の軌跡を追ったドキュメント作品。
しんぼる[DVD] しんぼる[DVD] 最安価格: ¥1,080 2007年に公開された初監督作品『大日本人』が第60回カンヌ国際映画祭・監督週間正式招待作品になるなど、映画監督として衝撃のデビューを果たした松本人志の長編第2作。音楽:清水靖晃

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi