現代美術家・会田誠、初の美術館展覧会を目前に控えるも作品は未完成 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年11月11日 > 現代美術家・会田誠、初の美術館展覧会を目前に控えるも作品は未完成
メニュー

現代美術家・会田誠、初の美術館展覧会を目前に控えるも作品は未完成

2012年11月11日 13:30

会田誠(右)と渡辺正悟監督「駄作の中にだけ俺がいる」

会田誠(右)と渡辺正悟監督
[拡大画像]

 [映画.com ニュース] 「切腹女子高生」などの話題作で知られる現代美術家・会田誠の世界に迫ったドキュメンタリー「駄作の中にだけ俺がいる」が11月10日、渋谷ユーロスペースで公開初日を迎え、会田と渡辺正悟監督が舞台挨拶に立った。

きわどい社会風刺と性的描写からエログロ、変態、少女趣味という側面がフォーカスされがちだが、その強い作家性は国外でも高く評価されており、近年では国際的な美術展への参加や、英米での個展開催など活動の場を広げている会田。映画は2009年夏、北京のアトリエで制作中の様子や家族との生活に密着し、芸術家として生きる会田の素顔を映し出す。

映画では、スクール水着の少女たちが滝でたわむれる「滝の絵」、サラリーマンの死骸の山を描いた大作「灰色の山」を前に、なかなか筆の進まない姿が映し出されるが、会田は「『灰色の山』は悪夢だった。女の子の絵は大変でも喜びがあるけど、人生で一番無関心なサラリーマンを描いたから苦痛だった」と本音をポロリ。17日から自身初の美術館での個展「会田誠展:天才でごめんなさい」が森美術館で開催されるが、未完成の作品もあり、作業を中断して舞台挨拶に駆けつけた。「いやー、ぜんぜんできてないです。ひと筆でも多く入れますので、お許しください」と平謝りだった。

渡辺監督は、「いつかは高尚な現代美術家を撮りたいと思っていた。どうせやるんだったらなかなか撮れない人を撮りたかった」と製作のきっかけを明かし、「昨日はひと筆も描かなかったから、今日はさすがに描くんじゃないかと待ち構えても、のらりくらりとかわされてしまう。動物の生態を撮るよりも難しかった」と撮影を振り返る。そして、「僕より14歳年下にもかかわらず親父のような存在」と会田の人間性を語った。

ANPO[DVD] ANPO[DVD] 最安価格: ¥3,201 1960年安保当時、熱かった日本をアーティストたちがどのように表現したのか─。日本で生まれ育ったアメリカ人のリンダ・ホーグランド監督が、1960年安保問題や米軍基地問題を絵画や写真により表現し続けてきたアーティストたちの証言を作品を通じ、日米関係を問い直すドキュメンタリー。出演:会田誠

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ANPO[DVD] ANPO[DVD]最安値: ¥3,175
Powered by 価格.com

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi