東京国際映画祭、2014年以降はアニメにも注力 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年7月30日 > 東京国際映画祭、2014年以降はアニメにも注力
メニュー

東京国際映画祭、2014年以降はアニメにも注力

2013年7月30日 16:22

第26回東京国際映画祭ロゴ「キャプテン・フィリップス」

第26回東京国際映画祭ロゴ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 東京国際映画祭のディレクター・ジェネラルを務める椎名保氏が7月30日、都内で行われた第26回東京国際映画祭第1回記者会見に出席。オープニング作品、クロージング作品を発表するとともに、今後はアニメ作品にも注力していくことを言明した。

10月17日に開幕する同映画祭のオープニング作品は、トム・ハンクス主演「キャプテン・フィリップス」(ポール・グリーングラス監督)。ハンクスは、オープニングに駆けつけるため「天使と悪魔」以来、約4年ぶりに来日を予定しているという。また、クロージング作品は三谷幸喜監督の最新作「清須会議」に決定。クロージングに邦画が選ばれたのは、「犬神家の一族」(市川崑監督)以来7年ぶりとなる。

主要部門の新編成も発表され、コンペティションのほか、前年までの「アジアの風」部門を発展させる形で「アジアの未来」部門を新設する。また、「日本映画・ある視点」部門を「日本映画スプラッシュ」部門、「ワールドシネマ」部門を「ワールド・フォーカス」部門にリニューアル。新設される「アジアの未来」部門は、日本をはじめアジア圏の新たな才能を紹介すべく、長編映画2本目までの新鋭に焦点を当てるヤング・コンペティション部門だ。

椎名氏は、次年度以降を見据え「アニメ作品を押し出していこうと思っている。アニメは日本を代表するコンテンツ。東京国際映画祭としても取り上げる必要がある。今年は最終的に3~4本になるかもしれないが、来年以降はより多く出品していただき、ゆくゆくはアニメだけのセクションを作りたい」と展望を明かした。さらに、「2~3年でできるものではないかもしれないが、そういう考えを念頭に置いてやっていきたい」と意欲をのぞかせた。

また、本年度のコンセプトを「作品重視の映画祭」とするとし、あわせて女優の栗山千明がフェスティバル・ミューズに就任することが明らかになった。

第26回東京国際映画祭は、10月17~25日に開催。

天使と悪魔 コレクターズ・エディション[DVD] 天使と悪魔 コレクターズ・エディション[DVD] 最安価格: ¥1,000 大ヒットを記録した『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズ第2弾!出演:トム・ハンクス
犬神家の一族[DVD] 犬神家の一族[DVD] 最安価格: ¥1,080 名探偵・金田一耕助が、犬神財閥の遺産相続を巡って起こる猟奇連続殺人事件の謎を解き明かしていく、日本映画史上最高のミステリー!若きクリエーターに影響を与え続ける巨匠・市川崑監督が、自らの代表作をセルフリメイクしたことも話題!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi