“新生”角川映画ラインナップは15作品 「貞子3D」製作も発表 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年2月15日 > “新生”角川映画ラインナップは15作品 「貞子3D」製作も発表
メニュー

“新生”角川映画ラインナップは15作品 「貞子3D」製作も発表

2011年2月15日 15:13

「貞子3D(仮)」は2012年公開 「貞子3D(仮)」は2012年公開
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 角川映画が2月15日、2011~12年度のラインナップ発表を行った。1月1日付けで角川書店と合併し、“新生”角川映画を印象付ける邦画、洋画、アニメとバランスのとれた15作品を、2月19日にオープンする角川シネマ有楽町で発表した。

角川書店の井上伸一郎社長は、「グループがもつ小説、コミック、アニメのなかから旬の原作を旬の時期に映像化していく。メディアミックスで最高のパフォーマンスを実現する会社として生まれ変わります」と宣言。椎名保専務は、「1本でも多くヒットのバロメーターである興行収入10億円を目指したい。特徴はアニメ。来年以降は3~4本に増やし、グループの目玉となれば」と意欲をのぞかせた。


「Another アナザー」は綾辻行人原作 「Another アナザー」は綾辻行人原作
[拡大画像]

2010年の本屋大賞1位に選ばれた「天地明察」は滝田洋二郎監督がメガホンをとるが、松竹との共同配給となることも明かされた。また、沖浦啓之(「人狼 JIN-ROH」)、安藤雅司(「もののけ姫」)、井上俊之(「AKIRA」)、本田雄(「エヴァンゲリヲン新劇場版:破」)ら世界屈指のクリエイターが結集して手がける劇場長編アニメ大作「ももへの手紙」が製作される。

邦画では、「リング」で知られる鈴木光司のまったく新しい原作で製作される「貞子3D(仮)」に注目が集まる。鈴木からは「『テレビから貞子がはい出すシーン』をはるかに凌駕(りょうが)する最大の見せ場で、3Dの可能性に挑戦します」とコメントが寄せられた。また、「南極料理人」の沖田修一監督が脚本も兼ねる「キツツキと雨(仮)」、綾辻行人の学園ホラー小説を実写化する「Another アナザー」、東野圭吾のベストセラー小説を映画化する「夜明けの街で」、板尾創路の監督第2作「月光の仮面」などが挙げられる。

同社が注力していくアニメは、「ももへの手紙」のほか「劇場版そらのおとしもの」「劇場版ストライクウィッチーズ」が加わった。洋画は、公開間近のイ・ジェハン監督作「戦火の中へ」とともに、ジョージ・クルーニー主演、アントン・コービン監督作「ラスト・ターゲット」、ニコラス・ケイジ主演作「Season of the witch(原題)」が2011年に公開される。

レビュー利用規約に同意の上、コメント投稿する

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • アンダー・ザ・スキン 種の捕食の評論 アンダー・ザ・スキン 種の捕食 生々しい現実感と詩的な美しさに満ちた、エイリアンの地球発見の旅路
  • FRANK フランクの評論 FRANK フランク かぶり物をしたバンドマンたちの絡まる世界のすべてを、歌の誕生が祝福する
  • 悪童日記の評論 悪童日記 双子の美少年を通して戦争のむごさを描く人気小説の、正しい映画化
映画評論の一覧を見る
採用情報