熊切和嘉監督「夏の終り」、第18回釜山国際映画祭へ! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年7月20日 > 熊切和嘉監督「夏の終り」、第18回釜山国際映画祭へ!
メニュー

熊切和嘉監督「夏の終り」、第18回釜山国際映画祭へ!

2013年7月20日 13:40

釜山国際映画祭での上映が決まった「夏の終り」「夏の終り」

釜山国際映画祭での上映が決まった「夏の終り」
(C)2012年映画「夏の終り」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 熊切和嘉監督がメガホンをとった「夏の終り」が、10月3日に開幕する第18回釜山国際映画祭の「A window on Asian cinema」部門に選出されたことがわかった。熊切監督は、「決して派手な映画ではありませんが、そこはかとなく漂う『匂い』みたいなものを味わってもらえれば、作り手としてとても嬉しく思います」と喜んでいる。

同作は、尼僧で小説家の瀬戸内寂聴氏が、出家前の瀬戸内晴美時代に発表した同名私小説が原作。満島ひかりが主人公の知子を演じ、妻子ある不遇の作家(小林薫)との関係に疲れ果て、年下の男(綾野剛)との激しい愛欲にも満たされない、自らのうちに潜む女の業に苦悩する姿を描く。

1963年に女流文学賞を受賞しており、同年には池内淳子主演、千葉泰樹監督のタッグで「みれん」として映画化されている。その後、50年にわたり愛読され続け、現在では発行部数100万部を突破している。

熊切監督は、今作について「かつての日本映画が持っていた、陰影の美しさを何とか現代によみがえらせようと、スタッフ、キャスト一丸となって作った映画です」とコメントを発表。釜山国際映画祭のディレクターを務めるキム・ジソク氏は、「単なる不倫の三角関係を描いた作品にとどまることなく、永遠に終わらない人間の“愛により生じる執着”を淡々としたタッチで描いた作品。悲劇的だが、逆説的に限りなく美しくもある映画だ」と選出理由を語っている。

夏の終り」は、8月31日から全国で公開。

ノン子36歳(家事手伝い)[DVD] ノン子36歳(家事手伝い)[DVD] 最安価格: ¥3,701 内容が話題を呼びロングラン上映となった、ダメダメ三十路オンナの生態をリアルに描く青春恋愛映画。監督:熊切和嘉
満島ひかり クラリズム[DVD] 満島ひかり クラリズム[DVD] 最安価格: ¥4,104 “満島ひかり”のイメージDVD。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi